2014/04/22 韓国船沈没で朝鮮日報のハングル版では書かれているが、日本語版では書かれていないこと

朝鮮日報のハングル版では韓国・珍島沖で起きた旅客船「セウォル号」の沈没事故のニュース記事
このようなことが書かれている ↓

しかもこの記事は日本語版にはなく、
さらに 船員の証言なるものも
事故の原因を船の問題としているが、あきらかな嘘が読み取れる。

韓国人には真実を追求し、二度とこのような事故がおきないように反省するという概念がないのだろうか?

たんなる船員の発言じゃないか! というにしても、記者がなぜ意見をはさまないのか?
もともとが日本で作られた船だから、日本のせいにすればいいという考え方が読み取れてしまう。

以下 朝鮮日報 記事抜粋

신씨는 “조타기가 고장났을 수도 있다. (세월호 자체가) 복원력(선박이 기울었을 때 배의 균형을 바로잡는 능력)이 없는 배였다”라며 배 자체에 문제가 있을 수도 있다고 주장했다. 신씨는 “불법인지는 모르겠으나 (세월호를) 증축했다는 건 알고 있었다”라며 “증축하기 전에도 복원력이 없는 배였다”고 했다.
訳/
船員のシンさんは「ジョタギが故障した可能性がある。 船自体が復元力(船が傾いたときに船のバランスを正す能力)がない?だった」と船自体に問題がある可能性があると主張した。
シン氏は「違法なのかは分からないが、(年月号)を増築したということを知っていた」とし「増築する前から復元力がない船だった」と語った。

ー参照終了ー Google翻訳にて ー

この文面が日本の報道にかかると
まったくニュアンスの違うものとなる。
それが、
過積載、基準の2倍か=復元力が低下―韓国客船事故の記事だ。