ユネスコ第39回世界遺産委員会で、韓国が裏で何をして策謀したかを推測する

ユネスコ第39回世界遺産委員会がおごそかなオープニングセレモニーのもとでドイツで開催された。
かねてより紛争のもととなる日本の明治文化遺産については、日韓外相会談で決着がついていると
委員国は理解していたので、
突然の韓国の異議について知っている国はいなかった。

この段階で票固めなどという作業は日本はしておらず大変あせることとなる。
韓国は票固めで採決に持ち込もうと考え説得にまわったが、
それをしていることがわかってしまい、
また、韓国の外交的立場の弱さ・採決では負けるだろうことを、
この段階でやっと理解し、「韓国の外交的影響力は世界的にもトップでなかったの?」
と自国の非力を始めて理解した韓国担当者も・・・

さらに「韓国さん! あんたら文化遺産の趣旨を理解していない」と
ある国からたしなめられたが
それには猛烈に反論し嫌われる。もちろん他人のことなどおかまいなしで
自己主張さえとおればいい。

朴クネの指示は、
「世界遺産登録はアウシュビッツのような負の遺産・悪の帝国、
日本が朝鮮半島を苦しめたことを記憶するためのものとして登録させよ、
もしそれがだめなら、強制労働の存在を明記させ、三菱重工等への
アメリカでの強制労働による損害賠償訴訟に有利に働くように既成事実を作れ!」

委員会としても世界遺産登録の審査に政治を
もちこまれるのは趣旨が違い大変迷惑。
「その話は日韓でやってくれ」ということになる。

韓国代表は、負の遺産としての登録は世界遺産の趣旨とは異なるとたしなめられるが
その言葉さえ理解しようともせず、「正しいのは韓国のみ」と自己主張再開。

4日、議長国ドイツの仲裁による話し合いも韓国が拒否。

アウシュビッツなんてことまで言い出したものだから、
議長国ドイツは「いいかげんにしろ」ということいなる。

そして、

「韓国さん、あんたら全然、世界遺産の意味を理解していないね、
あんたの主張の為にこれ以上の時間はかけられないのですよ」
ということでも、韓国の怒りはおさまらず、採決に持ち込もうと考えるが
票が足りないことに再び気付く。
これでそのまま登録させたら朴クネの怒りに触れるということで最後の一押し。

他の委員国のほとんどはあきれて傍観、いいかげんにしてくれよ
ということで、世界遺産委員会は韓国にあいそをつかす。
日本に対しては登録決定後に「こんなストーカー国家にまとわりつかれてたいへんだね、日本さん」
と言う声や、「まあ、よかったじゃないか」という声も。
韓国に同情する国はほぼなし。

韓国代表としては韓国側の勝利で、「forced to work」との表現を審議中にいえたし、
「日本は歴史を美化し歪曲している」と大声でを世界にアピールできたしということで
まあ成功と自負するも、残念ながら
ヨーロッパはギリシャ危機のニュースで一色、
中国の株式市場暴落で中華圏はたいへんということで、
このニュース、日韓にしか伝わらず、

まあ、どうみても韓国の謀略は失敗したといえる。
その証拠に朴クネはあいかわらずごだごだに巻き込まれてひきこもり状態。
もはや外遊どころではないようです。

ちなみに ユネスコの説明は

Sites of Japan’s Meiji Industrial Revolution: Iron and Steel, Shipbuilding and Coal Mining (Japan) – The site encompasses a series of eleven properties, mainly located in the southwest of Japan. It bears testimony to the rapid industrialization of the country from the middle of the 19th century to the early 20th century, through the development of the steel industry, shipbuilding and coal mining. The site illustrates the process by which feudal Japan sought technology transfer from Europe and America from the middle of the 19th century and how this technology was adapted to the country’s needs and social traditions. The site testifies to what is considered to be the first successful transfer of Western industrialization to a non-Western nation. – See more at: http://en.unesco.org/news/sites-japan-turkey-mexico-uruguay-inscribed-unesco-s-world-heritage-list-extension-spanish-site#sthash.PjXj0JWs.dpuf

日本の明治産業革命のサイト・・中略・・は西洋以外の国家に西洋工業化の最初の転送が成功したものと考えられます。

とあり 以上は ユネスコ参照

「forced to work」との表現は審議でどう表現したかというだけのもの。
さらに言えば「Forced labor」という表現でもない。

これどうみても韓国の自国向けの日本ディスカウントセール大成功アピールにしかならなかったようすです。

ちなみに数日前の韓国の大手新聞には「韓国が中国をたすけるためのスワップ云々」という記事がありました。

さらにいうと、このニュース
とりあげた西欧メディアは日本への関心のあるtelegraphとかで
Danielle Demetriouさんのもの。これです
内容はタイトルであおっているわりにはふつうでした。

世界遺産登録審議、先月日本と協議し合意を発表、その後土壇場で反旗をひるがえす卑怯な国、韓国

「日本時間の4日夜、世界遺産への登録が審議される予定の日本の産業遺産を巡って、登録­に反対する韓国などとの政府間の最終調整が難航している模様」
というニュースが伝わっている現状で、
韓国としてはなんとしても世界遺産登録を中止させ、朴政権の政治的勝利を
勝ち取りたい模様。

世界遺産登録ということを政治的に利用し、
政権の評価を韓国内で得て、支持を得たいのだろうが
このやりかたはあまりにも卑怯でいただけない。

いっそ決裂し、ダメならユネスコの分担金不払いに転じたほうがいいと思う。

韓国人は真珠湾攻撃などを例にして日本のことを卑怯な国というが、
韓国のほうこそ卑怯で卑劣。

予想された結末ではありますが、またしても騙されたわけです。

「日本の世界遺産登録は韓国の意思を反映し、登録を中断させた」というタイトルの朝鮮日報日本語版、告げ口する朴クネ

「明治日本の産業革命遺産」に対して、世界遺産への登録可否を調査する国際的な諮問機関「イコモス」が5月4日、
日本政府に対して登録勧告を行ったのを、きっかけに
韓国政府が反対運動に乗り出した。

今回の「明治日本の産業革命遺産」については世界遺産登録は下記の流れになる。

文化遺産に関しては「イコモス」 ICOMOS が調査を行い

↓  ユネスコ世界遺産センターに調査結果を報告

第39回世界遺産委員会
で決定する。

世界遺産委員会 (World Heritage Committee)
は2015年6月28日 – 7月8日の予定でボンで開かれる。

前回の第38回世界遺産委員会の結果では「イコモス」 ICOMOS が承認したものは
委員会でも承認されている。

世界遺産委員会 (World Heritage Committee)メンバーは下記の通り
議長国 ドイツ議長マリア・ベーマー
インド 副議長国
日本
カザフスタン
マレーシア
フィリピン
韓国
ベトナム
カタール 副議長国
レバノン 報告担当国(担当者 Hicham Cheaib)
アルジェリア
セネガル 副議長国
クロアチア 副議長国
フィンランド
ポーランド
ポルトガル
セルビア
トルコ
ジャマイカ 副議長国
コロンビア
ペルー

そこで韓国がこれをどう報道して、どう反対するのか?
まずは下記のように朝鮮日報日本語版はいやらしい記事を掲載する。

そして、世界遺産とは関係ない会議で韓国を訪れた
ユネスコ・ボコバ事務局長をつかまえ、朴大統領みずからが、
「明治日本の産業革命遺産」を世界遺産に登録してはいけない!
と主張したのだ。

201505241149chosunonlinecom
上記キャプチャー 朝鮮日報 日本語版 2015/05/24

この顛末どうなるのか?

7月、世界遺産委員会 (World Heritage Committee)の結果を待ちたい。

明治産業革命遺産勧告 韓国では反発広がる。これから韓国は何をするのか?

明治産業革命遺産勧告 韓国では反発広がる 「強制徴用の施…(15/05/05)
ユネスコ世界遺産委員会の諮問機関「イコモス」は、
長崎県の軍艦島や福岡県の八幡製鉄­所などを含む、
「明治日本の産業革命遺産」を世界遺産に登録するよう勧告を行ったが、
これを阻止するために韓国政府はいっせいに妨害工作を行うと主張。
もちろん、韓国メディア、韓国人もいっせいに日本に対する批判集中。

「イコモス」は
国際記念物遺跡会議(International Council on Monuments and Sites)の略称。
パリに本部を置く国際的な非政府組織(NGO)で世界遺産登録への可否を事前に審査する機関だそうです。

7月まで、韓国政府の言う「正しい歴史認識にもとずく正当な主張」という事実上の
日本に対するいやがらせが、パリ、ドイツ、アメリカで泣いたりわめいたりというかたちで
国際的に展開されます。
NYTとか、ドイツの地方紙に中国マネーで
日本批判記事が掲載され、第39回世界遺産委員会の開催される
ドイツ・ボンの会場前では
韓国政府が間接的に動員した韓国人エキストラによる
盛大な被害者演技が行われるでしょう。

そして声が大きいがゆえにニュースとなり、
日本の反日メディアが大々的にとりあげ、反日文化人、
反日政治家が韓国の主張に賛同することでしょう。

「隣国にたいする配慮をしないと日本は孤立する」
という新聞の論説が目に浮かびます。

韓国の新聞は「加害者としての歴史を隠蔽する悪辣な日本のやりかたで
世界遺産登録! いつも卑怯な日本のやりかた」とか、
「安倍、歴史捏造の手口、世界遺産登録」
とかでしょうか。

一部の関係者に対する買収工作もあるでしょうし。

そんな妨害工作が
韓国により7月まで続きます。

7月にボンで結果がわかります。

世界遺産登録が否決されれば、韓国は政府もメディアも国民も
いちがんとなって、「日本の歴史隠蔽工作を止めた韓国の正義」とかの記事が
朝鮮日報にのるでしょうし、
登録されれば、「世界遺産をカネで買った日本」という記事がのることでしょう。

以上、「・・・批判集中。」までの報道部分のみFNNより

韓国政府は、日本の世界遺産登録を断固阻止する運動を開始するもよう

韓国政府は、日本の世界遺産登録を なにがなんでも阻止する運動を開始するらしい。

いつものとおりなので、あえてコメントしませんが、

韓国メディアから抜粋です。

朝鮮日報では、
歴史的背景が無視されたまま・・・実際、強制徴用と関連した歴史的背景の説明は陥っていたことが知られました。
世界文化遺産登録の不当性を知らせるなど、より積極的に反対の行動に出る予定です。
以上 朝鮮日報引用翻訳抜粋
と書かれており、
日本は卑怯な手段をつかっている。
韓国の主張こそが正当だ・・・という根拠のもとに記事が書かれています。

これらはいつものことなのですが、韓国でメディア、政府、教育を信じる人は
いずれも、日本・日本人をもっとも卑怯な手段で自己正当化する国・国民で
その行動は人間として劣っている(比較優位的に韓国人のほうが優秀・正当)と
思い込むことになるはずです。

やっかいな隣人、韓国
ですね。

한국 정부는 조선인 강제징용 현장이 세계 유산에 등록되는 것은 인류보편적 가치를 지닌 유산을 보호하는
세계유산협약의 기본정신에 위배된다는 점을 들어 위원국을 상대로 등록 반대 외교전을 펼 예정이다.
정부는 “강제노동이 자행됐다는 역사적 사실을 외면한 채 산업혁명 시설로만 미화시켜 세계유산으로
등재하는 데 반대한다”고 입장을 밝혔다.
윤병세 외교부 장관은 이날 국회 외통위 현안보고를 통해 “정부는 앞으로 21개 세계유산 위원국들에 대해 우리 입장을 전방위적으로 강하게 설득해 나가는 한편 모든 가능한 방안을 검토해 나갈 계획”이라고 밝혔다.

일본 정부는 2014년 1월 후쿠오카(福岡)현 기타큐슈(北九州)의 야하타(八幡)제철소,
나가사키(長崎)현의 나가사키 조선소(미쓰비시 중공업) 등 현재 가동 중인 시설과 미쓰비시 해저 탄광이 있던 하시마(端島ㆍ일명 군함도) 등
23개 시설을 산업유산으로 등재 신청했다. 이 가운데는 하시마 군도를 포함해 과거 5만7,900명의 조선인이 강제징용된 7개 시설이 포함돼 있다.

韓国政府は、朝鮮人強制徴用現場が世界遺産に登録されるのは、
人類の普遍的価値を持つ遺産を保護する世界遺産条約の基本精神に反するという点を挙げて構成国を相手に登録反対外交戦を展開する予定である。
政府は、「強制労働が行われたという歴史的事実を無視したまま、産業革命施設のみ美化させ、世界遺産に登録することに反対する」
との立場を明らかにした。ユン・ビョンセ外交部長官はこの日、国会外交通商委懸案報告を通じて、
「政府は、今後、21の世界遺産委員国に対して、私たちの立場を全方位的に強く説得していく一方、すべての可能な方策を検討していく計画だ」と明らかにした。
日本政府は、2014年1月福岡(福岡)県北九州(北九州)の八幡(八幡)製鉄所、長崎(長崎)県の長崎造船所(三菱重工業)など、
現在稼働中の施設と三菱海底炭鉱があった端島(端島及び別名軍艦島)などの23個の施設を産業遺産に登録申請した。
この中には、羽島諸島を含めて過去5万7,900人の朝鮮人が強制徴用された7つの施設が含まれている。

以上 韓国日報より引用

역사적 배경이 무시된 채 미화된 것 아니냐는 지적입니다. 실제 일본 정부가 등재를 신청하면서,
강제 징용과 관련한 역사적 배경에 대한 설명은 빠져 있던 것으로 알려졌습니다.

실질적으로 등재를 막기는 어렵기 때문에 우리 정부는 이같은 우려가 반영되도록 외교력을 기울이겠다는 입장이지만,
근로정신대 항일단체 등은 세계문화유산 등재의 부당성을 알리는 등 보다 적극적으로 반대 행동에 나설 계획입니다.

歴史的背景が無視されたまま推されたものはないかという指摘です。
実際、日本政府が登録を申請しながら、強制徴用と関連した歴史的背景の説明は陥っていたことが知られました。

実質的に登載を防ぐのは難しいので、私たちの政府は、このような懸念が反映されるよう、
外交力を傾けてという立場だが、勤労挺身隊抗日団体などは、世界文化遺産登録の不当性を知らせるなど、
より積極的に反対の行動に出る予定です。

以上 朝鮮日報 より引用