トランプ氏、301条の対中適用も最大の障害は“米”企業

北朝鮮情勢が緊迫化する中で、トランプ米大統領は14日、通商法301条に基づき、中国による知的財産権侵害に関する調査を通商代表部(USTR)に指示する大統領令に署名した。12日の習近平中国国家主席との電話会談で通告していた。意気込みはよいとしてもどこまで罰せるかどうか、疑わしい。アップルなど米企業の多くはすでに中国当局の人質同然になっており、中国側に逆らえなくなっているからだ。

米ウォールストリート・ジャーナルの9日付電子版の「中国の夢はアップルの悪夢、規制に屈する米IT企業」と題する記事はまさにそのポイントをついている。アップルなど米ハイテク大手企業は「ストックホルム症候群」にかかっているという。同症候群とは、誘拐、監禁された被害者が長い間、犯人と接しているうちに、犯人にある種の連帯感や好意を抱くようになる心理状況や行動を指す。米各社はIT、車の自動運転、ロボットなど中国の国産化戦略に協力し、中国企業との合弁を通じて巨額の投資を行い、技術移転に応じてきた。

Posted in 未分類 |

在韓米軍レーダー、中国の動きを探知できない場所に配備

在韓米軍が慶尚北道星州に野戦配備した高高度防衛ミサイル(THAAD)のレーダーは、中国方面を探知できない位置に据えてあることが分かった。韓国政府は今月12日、THAAD基地で小規模環境影響評価を実施した。この作業に参加した韓国政府の関係者は18日「THAAD基地は山に取り囲まれており、THAADのレーダーは西側の山のふもとにぴったりとくっつけて置かれていた。中国方面は山が電磁波を遮り、探知できない配置」と語った。THAADで中国内陸部を覗き見ることができるという中国の懸念は杞憂に過ぎない、ということだ。

この点に関して、国防部(省に相当)の関係者は「現在THAADのレーダーが置かれている位置は、北朝鮮のミサイルを探知する上で最もふさわしい場所を選んだ結果。位置の選定に当たって、ほかに変数はなかった」と語った。つまり、THAADは北朝鮮のミサイルに対応するためという当初の軍事的目的に合わせて配置しただけであって、中国の反発といった政治的・外交的変数は考慮しなかったと言っている。しかし韓国軍内外からは「今年4月末にレーダーやランチャー2基などTHAADの一部戦力を野戦配置した際、韓米が中国の反発を意識して、そもそも中国方面を探知できない位置にレーダーを置くことにした可能性はある」という声が上がっている。

Posted in 未分類 |

Japanese professor blames pollution from China for build-up of mercury on Unesco island

A Japanese professor has blamed high levels of mercury in frost in forests in southern Japan on pollution from China. The study, by Osamu Nagafuchi, a visiting professor at the Fukuoka Institute of Technology, coincides with a United Nations treaty on the use of and trade in mercury going into effect, but will also raise new fears in part of Japan that has become synonymous with one of the worst cases of mercury poisoning. Nagafuchi has been monitoring pollution in Kyushu and the surrounding...
Posted in 未分類 |

【韓国発狂】日米が韓国抜きで北朝鮮について会談www 韓国人火病キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!!www

【韓国発狂】日米が韓国抜きで北朝鮮について会談www 韓国人火病キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!!www



posted by



1 :蚯蚓φ ★@\(^o^)/:2017/08/18(金) 23:47:06.81 ID:CAP_USER*.net
[VIEWPOINT]韓国だけぐいっと抜くか…「第2アチソンライン」憂慮
2017.08.18 16:22:10

17日(現地時間)、米国国務省で開かれた米国と日本の2+2(外交・国防)長官会談は韓国としてはそれほど愉快ではないイベントだった。休戦ラインを挟んで北朝鮮に向き合い、北朝鮮挑発の影響を直接受ける最大の当事者である韓国が抜けているのに米国と日本が北朝鮮問題を議論する席だったからだ。

レックス・ティラーソン国務長官はこの日の会談で「外交的解決法を好むが軍事的行動も排除しない」と強調した。ジェームズ・マティス国防長官は「北朝鮮が挑発すれば直ちに軍事的措置に出ることができる」と警告した。対話を提案して軍事行動の自制を強調してきた韓国の立場とは距離がある。

一日前、ムン・ジェイン大統領は「韓半島でもう二度と戦争はないだろう」と強調した。米国ホワイトハウスと国務省の人々は「韓国疎外論」について極力否認し、「チームワーク」に言及する。簡単に言えば韓国とはかみあわないということだ。同じ側で走っているけれどボールはパスしたくないという例えが適切に見える。共助のない単独プレーなら同盟はむなしいこだまに過ぎない。

韓半島問題をめぐり北朝鮮さえ韓国を主要変数と考えていない。会談後に開かれた共同記者会見では韓国が疎外されたような雰囲気が一層如実に感じられた。ティラーソン長官はこの日の会談を説明しながら「アジア・太平洋地域の平和と安全はもちろん日本の安保を強化するための米国の抑止力拡大に重点を置いて対話を進めた」とした。もちろん米・日会談という特殊性があるが、以前は米国はいつも韓国の安保に先に言及し日本の協調を求めたことを勘案すれば、米国の態度変化に当惑する。

韓国にふれた部分もなくはない。ティラーソン長官は「地域パートナーとの安保協力が重要だ」とし、「韓国・オーストラリア・インドそしてその他の東南アジア諸国」と言及した。日本とは別に言及して韓国はオーストラリア・インド・東南アジアとくくってしまったのだ。日本と韓国に対する態度が違った。

マティス長官は北朝鮮脅威の最前線にある国家として韓国と日本を同時に指定した。それと共に北朝鮮の挑発に対応するため、日本との共助を「持続」し韓国との協力は「強化」しなければならないと言った。「持続」と「強化」の差を付けたのは現在の韓国との協力が不十分という意図と読める。マティス長官は発言途中、「同盟はただで得られるのではなく相互信頼を再確認しなければならない」という話もした。

1950年、米国がアチソンライン(当時の米国務長官がアジア防衛線から韓半島を除いて日本を入れた境界)発表後、6・25韓国動乱(朝鮮戦争)が起きたことを記憶しなければならない。外交は相手もあって、競争者もいるゲームだ。

金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長のグアム「包囲射撃」挑発後、ドナルド・トランプ米国大統領は直ちに安倍晋三日本総理と通話した。この時、韓国はチョン・ウイヨン安保室長とハーバート・マクマスター、ホワイトハウス国家安保補佐官が通話した。米・日外交・国防長官が会う時、韓国はジョゼフ・ダンフォード米軍合同参謀議長の訪韓で満足しなければならなかった。

北朝鮮の挑発をめぐる外交ゲームで相手が米国なら競争者は日本だ。韓国は日本との競争でいつも遅れをとっている。今回の米・日2+2会談はキム・ジョンウン委員長がグアムを攻撃すると脅して、トランプ大統領が「火炎と怒り」というとりわけ強硬な発言をした重大な状況で開かれた。ところが当事者の韓国では、まだ米国と外交長官、国防長官が会うという話が聞かれない。
(後略:米韓のすれ違いの詳細)

ソース:毎日経済(韓国語)
ttp://opinion.mk.co.kr/view.php?year=2017&no=555099





「米国国務省で開かれた米国と日本の2+2長官会談は韓国としてはそれほど愉快ではないイベントだった」
「韓国が抜けているのに米国と日本が北朝鮮問題を議論する席だったから」
「ティラーソン:日本とは別に言及して韓国はオーストラリア・インド・東南アジアとくくってしまった」
「マティス:日本との共助を『持続』し韓国との協力は「強化」しなければならないと言った」
「『持続』と『強化』の差を付けたのは現在の韓国との協力が不十分という意図と読める」

「米国がアチソンライン発表後、朝鮮戦争が起きたことを記憶しなければならない」
「北朝鮮の挑発をめぐる外交ゲームで相手が米国なら競争者は日本だ」
⇒続きはこちら
Posted in 未分類 |

個人請求権を認めた文大統領発言に日本が抗議「完全かつ解決済み」

植民地時代の徴用者の個人請求権を認めた文在寅(ムン・ジェイン)大統領の発言が、韓日間に新たな論争を呼びそうな気配だ。文大統領は17日の記者会見で「両国間に合意があっても、強制徴用者個人が三菱などをはじめとする企業に対して有する民事的権利はそのまま残っているというのが、韓国憲法裁判所や大法院(最高裁に相当)の判例。韓国政府は、そういう立場で過去史問題に臨んでいる」と語った。

日本の各メディアは18日、この発言を伝えて「外務省が韓国政府に対し、『徴用工問題は1965年の請求権協定で完全かつ最終的に解決済み』と抗議した」と報じた。朝日新聞は「両国関係にプラスにならない」という日本政府関係者の言葉を伝えた。65年の国交正常化当時に結ばれた請求権協定は、「日本は韓国に無償援助3億ドルと長期低利借款2億ドルを提供」し、「韓国政府は両国および国民間の請求権に関する問題が最終的に解決されたことを確認」するという内容を含んでいる。

Posted in 未分類 |

US-South Korea alliance ‘strong’ despite Washington’s mixed messages, Korea Society president says

Following a week of conflicting messages from the administration of US President Donald Trump about North Korea’s nuclear weapons programme, Korea Society President Thomas Byrne commented on the relationship between Washington and Seoul. Speaking to the South China Morning Post at the Korea Society’s New York headquarters, Byrne also addressed the response to China’s call for an end to US-South Korea joint military exercises and the reasons behind the failure of market reforms...
Posted in 未分類 |

「ベゼルレス」をコピーする中国・・・OLEDも「偽物名づけ」

LG電子は今月31日(現地時間)、ドイツで公開する大画面のスマートフォン「V30」に搭載されるディスプレイのロゴを、「オールレッドフルビジョン(OLED FullVision)」に決め、これについての国内商標権を登録した。これに先立って、ベゼルレススマートフォンのディスプレイロゴ「フルビジョン」も商標権登録をした。LG電子は、北米、欧州、中南米など世界主要市場にもオーレッドフルビジョンの商標権を登録する計画だ。

V30は、ベゼルレスデザインが適用されたLGの初の有機発光ダイオード(OLED)スマートフォンである。前作のG6は、液晶表示装置(LCD)の画面を使った。LG電子が戦略スマートフォンのディスプレイロゴに商標まで登録した理由は、世界のスマートフォンメーカー各社が相次いでベゼルレスデザインを採用し、差別化しようと競争を激しく繰り広げているからだ。ベゼルレスとは、画面の枠(ベゼル)を無くして、画面が実際より大きく感じられるようにするデザインである。LG・G6を皮切りに、三星(サムスン)ギャラクシーノート8シリーズなどの高級スマートフォン機種が相次いでこのデザインを採用し、次世代スマートフォンの「基準」に定着した。

Posted in 未分類 |

焦点:トランプ氏の「口撃」、弾劾審議で孤立無援招く可能性

[ワシントン 17日 ロイター] - トランプ米大統領が共和党上院議員らへの攻撃をエスカレートさせている。仮に将来、大統領選へのロシアの介入を巡ってトランプ氏の弾劾手続きが始まった場合、上院に友人がいるかどうかが審判の行方を大きく左右しそうだ。
Posted in 未分類 |

米国務長官が人種差別非難、「傷の修復必要」

[ワシントン 18日 ロイター] - トランプ米大統領がバージニア州シャーロッツビルで発生した白人至上主義団体と反対派の衝突を巡る発言で孤立を深めるなか、ティラーソン国務長官は18日、人種差別主義を非難し、国務省をより人種的に多様にすることを確約した。
Posted in 未分類 |

【韓国発狂】米人気歌手、韓国滞在が嫌すぎて速攻出国www F1の二の舞キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!!www

【韓国発狂】米人気歌手、韓国滞在が嫌すぎて速攻出国www F1の二の舞キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!!www



posted by



1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/17(木) 10:23:33.86 ID:CAP_USER*.net
【現場から】アリアナ・グランデはなぜ「ヤマモト・グランデ」になったのか
2017年08月17日10時06分

米国のポップスター、アリアナ・グランデ(24)が初の来韓公演を終えた。15日、ソウル高尺(コチョク)スカイドームはアリアナ・グランデを見ようと2万人の観客が詰めかけ、100分間にわたるパワフルなライブが披露された。

ところが公演が終わると「韓国は経由地か」「誠意がなさすぎる」などの非難があふれた。韓国には7時間しか滞在しなかった「ポップの妖精」は、日本だけが好きという意味の「ヤマモト・グランデ」という皮肉をどうして聞かなければならなかったのだろうか。

最初のボタンから掛け違えていた。公演前日の14日午後1時に韓国入りするといううわさが広がっていたが、グランデが現れなかったため、公演に支障が生じたのではないかという話が出てきた。

韓半島(朝鮮半島)情勢の不安を理由に来韓を取り消したリチャード・マークスの影響も大きかった。もちろんグランデは初めから公演当日に入国する予定だった。

公演を主催した現代カード側は「アーティストが保安問題に極度に鋭敏な状態で、核イシューが再度大きくなったことで韓国滞在時間を最小限に抑える考えだった」とし「要請により日程を非公開にした」と明らかにした。

グランデの心情は十分に理解できる状況だった。5月22日、英国マンチェスターで開かれた公演直後、会場で爆弾テロが発生して22人が死亡する様子を目撃した状況でツアーの続行を決めたためだ。

観客もこれを知っていたので、雨傘や自撮り棒、カバンなど持ち物搬入禁止や空港検問を彷彿(ほうふつ)とさせるほどの厳しい保安検査にも特別な不満を表さなかった。

問題はアーティストと観客の間の信頼関係が壊れた点にある。65万ウォン(約6万3000円)のVIP 1パッケージを購入した観客は、優先入場やフリーショーバックステージツアー、写真撮影などの特典を期待し、一般観客も当代最高のポップスターという名声に見合う公演を期待していた。

だが、わずか公演3時間前の午後5時に金浦(キンポ)空港に到着したことで日程がずれ込んだため、リハーサルは簡単なサウンドチェックのみ、ファンミーティング(Meet and Greet)タイムは縮小され、その間に一般観客の入場が始まったため混乱が生じた。

結局、VIPパッケージを販売したグランデ側は110人余りの観客に優先入場に該当する20万ウォンの部分払戻しを決めた。

だが、その時間、グランデはインスタグラムにトイレで公演前の発生確認をするライブ動画を掲載していた。「九老(クロ)聖心(ソンシム)病院」という位置タグにファンは驚いた。

気象事情で当初の予想から入国がずれ込み、長期ツアー中のアーティストはリハーサルを個別にしないケースが多いとしても、謝罪するどころかむしろ平気な様子に裏切りを感じたのだ。

その後、100分間で24曲をいかに完ぺきに歌いこなしたと言っても、すでに背を向けたファンの心を取り戻すには力不足だった。その上、ドームの特性上、響く音響と暗い照明をうまくコントロールできず、公演をそれなりに観覧することも難しかった。

公演を終えたグランデはSNSに「ソウルは美しかった」というコメントを残したまま、バンコク行きの飛行機に乗った。

何もこれはグランデだけのことではなく、多くの海外アーティストが日本を起点に東南アジアへ向かう途中で韓国に立ち寄る。業界でも相対的に低いギャラのせいで、アジアツアーの日程が確定したアーティストに交渉するのが一般的だ。

平日公演が多いのもこのためだ。そのような状況で日本との単純比較は適切ではない。 これについて、公演が良ければそれでいいではないかとする側と物足りなさを吐露する側との立場がきっ抗している。


http://japanese.joins.com/article/398/232398.html


2 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/17(木) 10:23:48.55 ID:CAP_USER*.net
ある公演界関係者は「日本は公演市場規模が韓国の2~3倍に達し、音盤やグッズの販売量が抜きん出ているため、海外アーティストがアジアツアーがない時から訪れて親密度が高い」としながら

「過去数年間、トップスターの来韓公演が増えて期待が高まったが、決まったツアーフォーマットを備えたアーティストに個別の特別イベントは強要できない立場」と明らかにした。

音楽評論家のイム・ジンモ氏は「来韓公演がアーティストに対するイメージ形成につながる場合が多い」とし「主催者の現代カードがスーパースター来韓公演を一つのブランドとして掲げているだけに、アーティストと十分な疎通を図り、完ぺきな環境を整えなければならない」と助言した。

ただ、韓国のファンがとりわけ情に厚く礼儀に敏感であることを理解してほしい。1回の公演に行くために、一緒に歌うために数カ月間アーティストの全曲を予習し、チケット争奪戦に生き残らなければならないということを。

韓国人がアーティストから聞きたい言葉は「韓国愛してます」「キムチおいしいです」ではない。レディー・ガガのように公演一週間前から訪韓してソウルの隅々を歩いたり、コールドプレイのようにセウォル号追慕イベントを準備したりしなくても、アリアナ・グランデだけができる何かがあったはずだ。

「テロに屈しない」と叫んだ、芯の強いアーティストがこれほど危険な国に住んでいる観客のために伝えることができるメッセージが。





「アリアナ・グランデ:韓国には7時間しか滞在しなかった」
「日本だけが好きという意味の『ヤマモト・グランデ』という皮肉をどうして聞かなければならなかったのだろうか」

「グランデはインスタグラムにトイレで公演前の発生確認をするライブ動画を掲載」
「謝罪するどころかむしろ平気な様子に裏切りを感じた」
「公演を終えたグランデはSNSに『ソウルは美しかった』というコメントを残したまま、バンコク行きの飛行機に乗った
⇒続きはこちら
Posted in 未分類 |