Why Puerto Rico’s Electric Grid Stood No Chance Against Maria

More than two weeks after Hurricane Maria crashed into Puerto Rico on Sept. 20, Allan Rivera had still not had a full night’s sleep. “Every three hours … I get up and do some maintenance on the generator,” he told me. His wife — who has multiple sclerosis — relies on air conditioning to help minimize her symptoms, but Toa Baja, the town where he lives on the island’s north coast, was still without electricity. That meant Rivera had to keep a gasoline-powered generator running 24 hours a day, seven days a week.

This is a cruel irony for Rivera, the president of a Puerto Rican organization that advocates for renewable energy. And it’s a situation that he and many other Puerto Ricans are likely to be stuck with for some time. Maria knocked out all of the island’s electricity. As of Friday, only 9 percent of Puerto Ricans had gotten it back. But that number isn’t stable — over the course of the week it went from 16 percent, to 10, and back up to 17 percent before falling. Two days after the storm, experts on the island said it could take four to six months to restore service. Rivera told me he was hearing that it could be eight months to a year before the whole island — big cities, small towns and rural countryside — is electrified again.

Puerto Rico’s electric grid was in bad shape before the storm. But that fact was more than just a portent of doom: It’s also a harbinger of what’s to come. The system failed so spectacularly because it was stuck in a downward spiral of increasingly poor service. And that spiral is going to be difficult to escape during the rebuild. Despite a number of nonprofit and for-profit groups interested in designing a renewable, resilient replacement grid, stories like Rivera’s are unlikely to end in a feel-good engineering fairytale — at least not anytime soon.

Electricity is generally a reliable service in the United States. Data from 2015 shows that, on average, Americans could expect a little more than three hours a year in which their electricity wasn’t working properly.1 But Puerto Rico is a different story. There, the 2015 goal of the Autoridad de Energía Eléctrica — a government agency that owns the island’s electric distribution system and much of its generation capacity — was to have no more than 9.6 hours of outage per customer, and the utility still wasn’t able to meet that goal.2 At the same time, Puerto Ricans pay higher prices for electricity than almost everyone else in the U.S. — nearly 20 cents per kilowatt-hour for residential customers, compared with a U.S. average of about 13 cents per hour. In July, only three states paid more.

That combination of poor service and high prices is partly a function of living on a mountainous island and partly a result of the economics and politics on Puerto Rico, said Jose Maeso, who was the executive director of the Puerto Rico State Office of Energy Policy from 2013 to 2016 and is now the director of a Department of Energy-funded research consortium. There are universal challenges to running an electric grid on a tropical island. Salt vapor in the air corrodes electric equipment. Forests grow up quickly and are hard to keep away from power lines, especially in rural areas. Rural electrification, in particular, has been a challenge for Puerto Rico, Maeso told me. Outside narrow swaths of coastal plain, the island rises up in mountains and cliffs. Electrical lines were built through this terrain, Maeso said. And some of those lines pass through regions where there isn’t good road access, increasing the difficulty of doing maintenance and repairs. It’s no coincidence that two of the three states with higher electricity rates than Puerto Rico are Alaska and Hawaii, which offer their own logistical challenges for electricity production and distribution.3

Puerto Ricans check their cellphones from a road near the top of a mountain, where service is said to be best.

getty images

Being an island has also, historically, limited the types of energy resources Puerto Rico could use and raised their cost. The island’s electricity is almost entirely generated by burning fossil fuels, mostly oil — and all of that fuel has to be imported. When the cost of oil goes up, so do electric bills. Even if you burn natural gas — which is a cheaper energy source than coal or oil — that still costs more when you have to haul it across an ocean. Until 2012, the Autoridad de Energía Eléctrica didn’t have facilities that could burn natural gas, anyway.

All of this helps to explain why Puerto Rico’s grid was in such bad shape before Maria hit — and why it will take so long to rebuild. The AEE has long been under political pressure to not raise prices, said José Román Morales, interim president of the Puerto Rico Energy Commission, a government body formed in 2014 as a regulator for the AEE and private electric generation companies. That made sense in some ways: Electricity is crucial, and Puerto Ricans, in general, don’t have a lot of spare cash — the median income is just $19,350, and more than 40 percent of the population lives below the poverty line.

But those pressures, combined with the realities of running an electric grid on an island, created problems. The AEE didn’t raise its base rate — the part of the electric bill that’s meant to cover basic operating costs and maintenance — between 1989 and January 2017. But the price consumers actually pay — the total bill — still went up over that time period because of rising fuel prices. Puerto Ricans became trapped in a feedback loop where the AEE had less and less money to keep the grid working well, but consumers had more and more reason (from their perspective) to demand that the agency not raise rates.

Making matters worse, the lack of cash for maintenance has made maintenance more costly than it would otherwise be. Before Hurricane Maria, most of what was getting done was reactive maintenance — fixing immediate outages — not preventative maintenance or upgrades, Morales said. That means AEE’s equipment — from its power plants on down — is old and out-of-date. The median age of an AEE power plant is 44 years, compared with an electric industry standard of 18. “They suffer mechanical failures constantly,” Morales said. “They have to wait a long time to get parts, and the original manufacturers consider them like a speciality part.” Even workers with the expertise to manage these aging units are in short supply and retiring quickly.

Aerial photographs of Puerto Rico before and after Hurricane Maria.

NOAA

Not having enough money creates a system that is more expensive to operate, which results in even tighter budgets. It’s not going to be easy for Puerto Rico to get out of that cycle, especially with a history of mismanagement by AEE that’s left such spotty records and data analysis that a 2016 independent expert review of AAE’s operations and finances concluded that the utility can’t accurately predict its own upcoming customer demand.

In the U.S., if you’re already poor, the same services can often cost more than they would for people in better financial circumstances. The media often refers to this with the maxim “it’s expensive to be poor” — and there’s something similar going on with Puerto Rico’s grid. Puerto Ricans don’t have much money, which puts pressure on the utility to not raise rates, which makes the system more expensive to operate, which drives the utility into debt, which forces it to spend money that should have gone to maintenance on the costs associated with just keeping its head above the financial waves.

The 2016 expert review noted that the utility was spending more than $100 million a year — more than its entire proposed budget for the cost of generating electricity in 2017 — on unnamed miscellaneous expenses. When I asked Morales if there was any indication what those expenses were, he said AEE staff had explained during a hearing that this money was being spent on debt service, fees and legal bills — all costs incurred because the utility was so short on funds.

Hurricane Maria scattered debris through a solar panel field in Humacao, Puerto Rico.

GETTY IMAGES

So what happens next? Despite hopes for the future, Puerto Rico is, once again, forced to focus on reactive maintenance. “There is no time to redesign the system or apply new technologies at a large scale now,” Carlos Reyes, general manager of operations for EcoEléctrica, a private company that operates one of the few power plants not owned by AEE, told me in an email. Other experts agreed. It’s unlikely that Puerto Rico’s grid will be rebuilt stronger and better over the next year. It’ll be enough work just to get it back online in its same old state.

The work of reimagining the grid — and, more importantly, designing a system that won’t put people right back in the dark the next time a hurricane hits — will take more than just technological improvements. Puerto Rico will need to reimagine the system that led to outdated, run-down technology, too.

Posted in 未分類 |

カタルーニャ州首相の回答、有効ではない─スペイン法相=通信社

[マドリード 16日 ロイター] - スペインの通信社であるスペイン通信(EFE)によると、同国のカタラ法相は16日、プチデモン・カタルーニャ自治州首相から寄せられた先週の独立宣言に関する回答について、有効ではないと述べた。
Posted in 未分類 |

米国・トランプ大統領「なぜバ韓国塵どもはアメリカの軍事支援をありがたいと思わないのか!?」

トランプ大統領がバ韓国に三行半


米国のトランプ大統領が、


「なぜバ韓国塵どもはアメリカの軍事支援をありがたいと思わないのか!」


と首脳部会議で発言していたことが明らかになっていました。


THAAD配備に大反対する屑チョンが増加していたり、

アメリカより中国の顔色ばかりを窺うバ韓国政府に対して相当怒っているのでしょうね。




さっさと在韓米軍を引き揚げて、朝鮮半島ごと海に沈めてしまうのが正解なのです。


トランプ氏がその事に気付くのは時間の問題かもしれませんね。


-----------------------
トランプ氏「なぜ韓国は米国の軍事支援をありがたいと思わないのか」

 米NBC放送が10日(現地時間)、「ドナルド・トランプ米大統領は7月20日にホワイトハウスで行われた安保分野の首脳部会議で、『なぜ韓国人たちは韓国に米軍の兵力が支援されていることをもっとありがたいと思わず、喜びもしないのか』と発言した」と報道した。

 この会議には、レックス・ティラーソン国務長官、ジェームズ・マティス国防長官、合同参謀本部関係者らが出席していたという。

 NBCは、この会議に出席した関係者の話として、「この発言は韓国国内の米軍配備状況に関するブリーフィング中にトランプ大統領がした。国防省の高官が『米軍の韓国駐屯は究極には米国の国家安保にも利益になる』と説明した」と伝えた。

 この会議が開かれたのは、北朝鮮が核・ミサイル挑発の強度を高めていた時期で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が北朝鮮に軍事・赤十字会談を電撃的に提案した三日後のことだ。韓国政府は当時、「米国に(会談提案の背景を)事前に説明し、米国も十分理解を示した」と言っていたが、ホワイトハウス・米国務省関係者らは「韓国政府に聞いてくれ」と冷淡な態度を見せていた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/13/2017101300649.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ







Posted in 未分類 |

【韓国崩壊】韓国の労働生産性、日本のはるか下だったwww OECD最底辺クラスと判明www 韓国人涙目クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!!www

【韓国崩壊】韓国の労働生産性、日本のはるか下だったwww OECD最底辺クラスと判明www 韓国人涙目クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!!www



posted by



1 :ねこ名無し ★:2017/10/16(月) 03:21:26.04 ID:CAP_USER*.net
韓経:韓国の労働生産性、OECD「最下位圏」…米国・ノルウェーの半分
2017年10月13日08時48分

韓国の労働生産性(労働者1人が創出する1時間あたりの実質付加価値)が、経済協力開発機構(OECD)35カ国の中で急落している。特に、大企業と中小企業間の生産性の格差はOECD国家の中で最も大きいことが分かった。

このような状況で、文在寅(ムン・ジェイン)政府が推進する最低賃金の引き上げ、労働市場の短縮などの政策が労働生産性をさらに急激に下げるだろうという懸念が出ている。

◇深刻な中小企業の生産性

12日に韓国生産性本部が韓国内の大企業800社余り、中小企業6万5000社余りを調査した結果、2015年の韓国企業の労働生産性はOECD35カ国中28位を記録した。

購買力評価(PPP)基準の為替レートを適用した韓国の1人当たりの労働生産性は1時間当たり31.8ドルで、ノルウェー(78.7ドル)、デンマーク(63.4ドル)、米国(62.9ドル)、オランダ(61.5ドル)の半分の水準だった。

高齢人口が多い日本(41.4ドル)と比べて77%水準に留まっており、トルコ(36.4ドル)、イスラエル(35.1ドル)よりも低かった。OECD平均値は46.7ドルだった。韓国より生産性が低いOECD国家は、ギリシャ(29位)、ポーランド(32位)、チリ(34位)、メキシコ(35位)など7カ国だけだった。

このような様相は大企業よりも中小企業の生産性が相対的により低いためだと分析された。韓国の中小企業の労働生産性はOECD国家間の比較が可能な最近の2013年基準で、大手企業の29.7%に過ぎなかったことが分かった。関連統計があるOECD24カ国のうち最下位(24位)だった。

韓国生産性本部のイ・ジンファン生産性研究所長は「フィンランド(73.6%)英国(57.5%)、日本(56.5%)などの中小企業労働生産性が大企業の半分以上という点を考慮すれば、韓国中小企業の生産性の低下は深刻な水準」と話した。

多くの専門家は大企業に比べて優秀な人材が集まらず、生産性向上のための設備投資も足りないためだという診断を下している。政府の相次ぐ大企業規制で中小企業が過保護状態に置かれてから、自ら生産性を引き上げる機会を逃したという分析も出ている。

西江(ソガン)大学経済学部の南盛日(ナム・ソンイル)教授は「大企業は1997年の通貨危機を経験したことから、強力な構造調整を通じて生産性を国際的水準に引き上げたが、中小企業は競争力を引き上げるための構造調整や革新が十分でなかった」と指摘した。

◇今後がより心配

経済界は文在寅政権の親労働政策が労働生産性を更に下げる可能性が高いと懸念している。

韓国政府は2020年まで最低賃金1万ウォン(約990円)を到達目標に、来年度の最低賃金を今年比16.4%も引き上げたのに続き、最近は労働時間を週最大68時間から52時間に短縮する法案を議論している。

また、これまで労働界が要求してきた通りに「公正人事指針」と「就業規則の解釈及び運営に関する指針」のいわゆる「2大労働指針」を電撃的に廃棄し、企業を唖然とさせた。ただでさえ脆弱な雇用柔軟性の最後の保護装置まで取り払ったからだ。

漢陽(ハニャン)大学経営学部のユ・ギュチャン教授は「企業の手におえないほどに法や制度改編が過度に速いスピードで行われている」、「賃金引き上げの速度が生産性向上より早ければ、政府が追求する方向とは逆に雇用が急速に減るだろう」と強調した。

韓国生産性本部はこのような問題の深刻性を知らせるため、近いうちに中小企業の生産性向上のための国際カンファレンスを開く計画だ。ことし創立60周年を迎え、26日に中小企業を対象に第4次産業革命技術の活用案などを提示する予定だ。


http://japanese.joins.com/article/336/234336.html





「韓国の労働生産性が、OECD35カ国の中で急落している」
「韓国の1人当たりの労働生産性は1時間当たり31.8ドル」
「高齢人口が多い日本(41.4ドル)と比べて77%水準」
「韓国より生産性が低いOECD国家は、ギリシャ、ポーランド、チリ、メキシコなど7カ国だけだった」
「中小企業の労働生産性:OECD24カ国のうち最下位だった」
⇒続きはこちら
Posted in 未分類 |

トランプの初訪韓、短すぎる1泊2日は理解しがたい

来月、初めてのアジア歴訪を行うドナルド・トランプ米国大統領が、韓国ではたった1泊2日しか滞在しないかもしれないという。これに比べ、日本は3泊4日の可能性が高い。オバマ-ブッシュ-クリントンら元米大統領のアジア歴訪の際は、韓日での訪問日数が全く同じかほぼ同じだった点と比べると、ただ事ではない。 今回の歴訪は北東アジア諸国との関係強化が目的だが、さらに重要なことは北核問題の解決に向けて関連国と意見を交わすことだ。それでも北核脅威が最も深刻な紛争当事国である韓国を足早に通り過ぎる日程はどこを見ても腑に落ちない。ひょっとしたら「止むを得ず立ち寄る」という印象まで与えかねないものだ。

外交当局は、日本滞在期間中の2日間は休日である上、量より質が重要だと言い繕うかもしれない。だが、滞在期間の長さも絶対に無視することはできない。ぎこちない関係では、長く一緒に過ごすほどさらに仲良くなるものだ。その上、日本政府は休日を利用してトランプと安倍晋三首相のゴルフスケジュールを入れる予定だという。2人は2月に安倍が訪米した時も、トランプのフロリダ州別荘で一緒にゴルフをして親睦を図ったことがある。トランプは就任後も前任大統領の誰よりもゴルフ狂として有名だ。このようなトランプにとって、「ゴルフ会合」はどうしても格別な意味が含まれるミーティングになる。

Posted in 未分類 |

ノーベル賞は目的ではなく汗の副産物

ノーベル賞・大学ランキング・第4次産業革命で見たように、結果だけに執着する短見とその場だけの性質を克服し、20年以上にわたるたゆまぬ努力で新たな機会を作るためには果たして何を最優先するべきだろうか。教育-研究-事業化の好循環の頂点にある教育・科学技術を中心に解決の糸口を探ってみようと思う。

第一に、対価を待つ前に、新人と異邦人が早期に適応して、永く安定的に研究できる雰囲気を作らなければならない。大学の有望な若手教授が離れる比率が増えているが、ソウル大は最近5年間、以前の期間と比べて離職率が46%も増加した。国家プログラムで招へいした海外大学者は最小契約期間だけを満了してほぼ全員が離れるという。新進研究員・教授や新入生の適応は、若い木を植えることと同じで、水・日光・肥料を適時に適切に与えなければならない。厳格な基準と過程を経て選抜する一方、それに相応する地位と処遇を提供し、組織内で尊敬される大家が直接メンターリングと教育を主管し、資源配分でも差別がないように保障しなければならない。新人の1年間はその後の10年以上に該当することはもちろん、未来を開く大切な種をこの時期に内包している場合が多い。新人が自由で活気あふれる雰囲気の中で思う存分創意性を発揮する生態系づくりが何より重要だ。

Posted in 未分類 |

焦点:米無人機の輸出増狙う「ゲーム・オブ・ドローンズ」作戦

[ワシントン 11日 ロイター] - 「バイ・アメリカン」を標榜するトランプ政権は、米国製の軍用無人機(ドローン)を海外に売りやすくして、この分野で急成長する中国やイスラエルに対抗できるよう、新たな政策準備を完了しつつある、と複数の米高官が明らかにした。
Posted in 未分類 |

【韓国経済崩壊】韓国の航空会社、世界ランクで圏外に!!!! 馬鹿か!!!! 「中国のせい」などと相変わらず責任転嫁!!!! 馬鹿だから即座に反論され惨めに恥部を晒す!!!! 2ch「朝鮮人のせい」「フライト中に殴り合いをしていた」「圏外は妥当」

【韓国経済崩壊】韓国の航空会社、世界ランクで圏外に!!!! 馬鹿か!!!! 「中国のせい」などと相変わらず責任転嫁!!!! 馬鹿だから即座に反論され惨めに恥部を晒す!!!! 2ch「朝鮮人のせい」「フライト中に殴り合いをしていた」「圏外は妥当」



posted by



【韓国】2大航空会社、世界100位圏外へ 時間通りに出発・到着できないのは中国のせい?

1 :ねこ名無し ★:2017/10/16(月) 06:38:17.37 ID:CAP_USER*.net
大韓航空とアシアナ航空の韓国の2大航空会社の7月の「定時率評価」が世界ランクで100位圏外になったという。定時率は航空機が決まった時間内に出発・到着したかを評価する指標。大韓は昨年、目的地まで遅延なく時間通りに到着する評価「定時到着率」でも68.3%にとどまっていた。

10回のうち3回は15分以上遅れたことになり、日本航空(世界3位)などに大きく水を空けられ、世界トップ10にも含まれなかった。2大エアラインは定時率の下落原因に、「中国の空港に航空機が集中するためだ」として中国を挙げるが、米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備の影響で、中国便は減っているはずだ。

平均で大韓は32分、アシアナは38分の遅れ

英航空調査会社OAGによると、大韓航空とアシアナ航空の7月の定時率評価がそれぞれ112位(64.9%)と122位(60.7%)となったという。6月に比べそれぞれ9.6ポイント、11.0ポイントの下落、順位も前月(75位、93位)より大幅に落ちた。韓国紙、韓国経済新聞(日本語電子版)が報じた。

(中略)

ただ、大韓やアシアナの韓国2大航空会社が今回、「定時率評価」で世界で100位圏外になったことについて、その下落原因として中国を挙げている。

韓国経済新聞の取材に対して業界関係者は「中国の空港に航空機が集中するうえに、完ぺきなシステムが定着されず航空機の遅延が頻繁に発生する」と、中国の空港事情を批判し、英航空調査会社OAGによる定時率の評価には納得できないようだ。ちなみに中国国際航空(136位)、海南航空(139位)など中国の航空会社も下位圏に多く入っている。

その一方で、米軍のTHAADの韓国配備に伴う中国の報復によって、中国路線の運航が減少した状況下で単に中国のせいにするわけにはいかないという指摘もある。実際、中国路線の多い日本航空(88.5%、10位)の定時率は韓国の航空会社よりも高かった。

朝鮮半島有事に対する懸念や「THAAD禍」によって訪韓中国人客数が目減りする状況はしばらく続きそうだが、韓国の航空会社には中国を批判するばかりだけでなく、定時運航に近づけるべく企業努力が求められる。


http://www.sankei.com/west/news/170912/wst1709120066-n1.html



>大韓航空とアシアナ航空の7月の定時率評価がそれぞれ112位(64.9%)122位(60.7%)となったという
>6月に比べそれぞれ9.6ポイント、11.0ポイントの下落、順位も前月(75位、93位)より大幅に落ちた
韓国経済新聞の取材に対して業界関係者は「中国の空港に航空機が集中するうえに、完ぺきなシステムが定着されず航空機の遅延が頻繁に発生する」と、中国の空港事情を批判し、英航空調査会社OAGによる定時率の評価には納得できないようだ
中国路線の多い日本航空(88.5%、10位)の定時率は韓国の航空会社よりも高かった




2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2017/10/16(月) 06:40:29.15 ID:QI9gzRJN.net
コリアンエアーのパイロットが
フライト中に殴り合いのケンカしてた
ってニュースが最近有ったから当然だな

24 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2017/10/16(月) 07:24:39.06 ID:Xus5BgQa.net
>>2
朝鮮人の副操縦士は、飛行中に眩しくてもサングラスを使えない。
理由は「機長に失礼だから」。
⇒続きはこちら
Posted in 未分類 |