韓国GM「累積赤字2兆ウォン」の間に…米国本社に1.5兆ウォン流れた

韓国GMの危機は、新車不振と製品ラインナップ不足を招いた経営陣の失策に、米GM本社への過度な収益移転の構造が複合的に作用したことが主因との指摘が出ている。14日、韓国GMの経営実績を見れば、過去5年間(2012~2016年)の累積赤字は2兆ウォン(約2千億円)に達し、昨年だけで6千億ウォン(約6百億円)以上の赤字だったと推定される。昨年上半期には、それまで積み上げた資本金を全て使い果たし現在は資本蚕食状態だ。韓国GMは昨年52万台余りの自動車を販売し、前年より販売実績が12%減った。一時は年間販売量が100万台に肉迫したことに比べれば、ほとんど半減した。

韓国GMの実績がこのように不振なのは、まず輸出と内需の両方で車が売れないところが大きい。競争業者に比べて新車がまともに出て来ずに打撃が大きかった。韓国GMが昨年発売した新車は「オール・ニュークルーズ」と「ボルト電気自動車(EV)」の2車種だけだ。新型クルーズは量産開始の三日後にエアーバック部品の不良問題で生産を中断する屈辱を受けた。人気の高いスポーツ実用車(SUV)のラインナップはなく、既存モデルの老朽化は販売不振と実績悪化につながった。産業研究院のイ・ハング研究委員は「韓国GMは毎年6千億ウォンの研究開発費を支出した。双龍(サンヨン)自動車とルノーサムスンが年間1千億ウォンの研究開発費を使ったのに比べれば相当な金額であるのに、新車をまともに出せなかったのは経営陣の失策」と話した。

労働組合は、韓国GMの赤字が高い人件費や低い生産性のためではなく韓国GMがGM本社に支給する過度な費用のためだと指摘する。金属労組韓国GM支部事務支会が監査報告書などに基づいて分析した資料によれば、韓国GMの2012~2016年累積赤字1兆9787億ウォンのうち、76%に該当する1兆5067億ウォンはGM本社に流れた。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.