アメリカ海兵隊、ついに日本との戦争を決意か

アメリカ海兵隊、ついに日本との戦争を決意か

https://i.imgur.com/SONx0eO.jpg

posted by



494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/02/11(日) 09:48:33.97 ID:vEUUbfKS.net
↓これ、Qの言うように
「海兵隊グループがディープステートに反旗を翻した」
のが本当だとすれば、
中国・北朝鮮けん制を口実に
アジアのディープステートを追い詰めに来たんじゃねえの?

【米国】海兵遠征部隊(約2200人)、東アジアに追加展開を検討



496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/02/11(日) 09:58:46.89 ID:+N3rmsao.net
>>494
アジアのってどう考えても

日本のヤタガラスとか奥の院だと思うんだけど
やっぱり日本でなんかあるの?


※参考


幻の日本の本土上陸作戦! ダウンフォール作戦
更新日: 2016年09月07日

米国は原爆投下でも日本が降伏しなかった場合に備えダウンフォール作戦という日本本土上陸作戦を策定していたんだ。

この作戦は南九州上陸作戦であるオリンピック、関東平野上陸作戦であるコロネットに別れていた。

アメリカの日本本土上陸作戦は「ダウンフォール作戦」と呼ばれた。ところが、日本空爆の責任者カーチス・ルメイ将軍は、ダウンフォール作戦は不要だと考えた。実際、彼は軍上層部にこう言い切っている。
「空爆だけで日本の軍事インフラを完全に破壊できる。1945年10月1日までに」

陸軍参謀総長ジョージ・マーシャルはこれに否定的だった。彼は戦後こう語っている ・・・

我々は沖縄戦で苦い経験をしたばかりだった。82日間わたる戦闘でアメリカ側は1万2500人以上の犠牲者をだした。日本人は決して降伏せず、死ぬまで戦うのだ。だから、日本本土における抵抗はさらに激しいものになるだろう。我々は一夜の爆撃で10万人の市民を殺したのに、何の影響もないように思われた。日本の都市をつぎつぎに破壊したが、彼らの士気が衰えた気配はまったくなかった(※2)。

結局、アメリカ統合作戦本部は、完全な勝利を得るためには、膨大な犠牲を払ってでも、日本本土上陸作戦「ダウンフォール作戦」をやるしかないと結論づけたのである。ただし、その前に日本をできるだけ弱らせておこう。そのための作戦が無差別都市爆撃と海上封鎖だった。
・・・

原爆が開発されなかった場合‥
オリンピック作戦が発動され、米軍は11月に南九州に上陸、天皇聖断が出ないかぎり国民のほとんどは民兵としてサイパン・沖縄戦と同じ軍民玉砕方式で補給が途絶しようが餓死しようが徹底的に抵抗して戦線は膠着、そこに翌年3月コロネット作戦が発動され関東地方が激戦地になり、おそらくそこで政権がクーデターで崩壊するか天皇聖断が出るかして終戦。もしそうならなければ徹底的に泥沼化して他の連合国も参戦して最終的に分割占領という形で終戦するまでに確実にもう1年はかかります。
・・・


https://matome.naver.jp/odai/2144418896373865901


「ダウンフォール作戦という日本本土上陸作戦を策定していた」
「完全な勝利を得るためには、膨大な犠牲を払ってでも、日本本土上陸作戦『ダウンフォール作戦』をやるしかない」
「南九州上陸作戦であるオリンピック、関東平野上陸作戦であるコロネット」
「3月コロネット作戦が発動され関東地方が激戦地になり」
「国民のほとんどは民兵としてサイパン・沖縄戦と同じ軍民玉砕方式で補給が途絶しようが餓死しようが徹底的に抵抗」
「日本人は決して降伏せず、死ぬまで戦うのだ。だから、日本本土における抵抗はさらに激しいものになるだろう」
⇒続きはこちら
This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.