2017年の難民申請は前年比80%増1万9628人、認定4年ぶり減の20人

[東京 13日 ロイター] - 法務省は13日、2017年に日本で難民認定を申請した外国人は1万9628人と前年から約80%増加し、過去最高を更新したことを明らかにした。難民と認定されたのは20人で、前年の28人から減少した。認定数が前年比で減少したのは4年ぶり。
This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.