労働力が急激に減っている! これはマズイ「中国最大の危機」

世界銀行の統計によれば、2016年における中国の人口は13億7867万人に達した。中国は世界で最も人口の多い国だが、人口の多さはそのまま市場の大きさに結びつくため、人が多いという事実は中国にとって重要な「資源」と言えるだろう。 しかし、中国は長年にわたって一人っ子政策を実施してきたため、急激な高齢化と生産年齢人口の減少が進んでいるのが実態で、人口世界一の座も近いうちにインドに奪われると見られている。

中国メディアの今日頭条はこのほど、中国社会科学院がまとめたデータを引用し、中国では18歳から44歳の人口が減少していると伝え、人口減少は中国にとって最大の危機であると伝えている。 記事は、中国の18歳から44歳までの人口は2017年時点で5億4800万人に達したが、22年には5億1800万人に減少する見込みだと紹介、わずか5年で3000万人も減る見込みであることに危機感を示した。さらに、この人口減少は「働き盛りと言える労働力が5年で3000万人も減少することを意味する」としたほか、中国は高齢化と少子化も急激に進んでいて、中国では2050年までに65歳以上の高齢者が人口の32%を占める可能性があると伝えた。

さらに、中国ではすでに一人っ子政策は廃止されているが、出生率は1960年代中ごろから低下を続けており、現時点では人口を維持できるだけの水準すら割り込んでいるのが現状だと指摘。一人っ子政策が廃止されても、中国人の子どもを産み、育てるという意識は低いままであるとし、人口減少は日本や韓国だけでなく、中国にとっても深刻な問題となっていることを強調し、「これは中国にとって最大の危機である」と伝えている。
http://news.searchina.net/

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.