LG電子副会長、「超大型OLEDテレビの割合を大幅に増やす」

LG電子の趙成珍(チョ・ソンジン)副会長(写真)が、有機発光ダイオード(OLED)テレビの販売台数を昨年比2倍以上に増やすと発表した。

55インチ以上の超大型OLEDテレビの割合を増やして、プレミアム市場でのシェアを高める計画だ。

趙副会長は10日(現地時間)、米ラスベガスで開催された国際家電見本市(CES)2018で行われた記者懇談会で、「今年から65インチ、77インチなど超大型OLEDテレビの割合をレベルの違う水準に高めていきたい」と語った。

一般のテレビ市場は現在飽和状態である。家電メーカー各社は、55インチ以上の超大型テレビ、人工知能(AI)テレビをブルーオーシャンとみて攻略している。LG電子は今年初めてAIを搭載したOLEDテレビ「LGシンキュテレビ」を披露した。

趙副会長は、「LGシンキュテレビに直接質問をして使用した結果、非常に満足した」と述べた。続いて、「テレビは、コンテンツを検索して家の中のすべての家電と繋がることを超えるだろう。

自ら学習する能力を基に、ユーザーのニーズに合わせて進化していくAIテレビを作っていきたい」と明らかにした。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.