ロシア、反ドーピング機関へのサイバー攻撃計画の可能性=米企業

[サンフランシスコ 11日 ロイター] - 米サイバーセキュリティ―会社スレットコネクトは11日、ロシアを拠点とするハッカーが、反ドーピング機関への攻撃を計画している可能性を示す兆候を確認したと発表した。ロシアによる組織的なドーピングを理由に、国際オリンピック委員会(IOC)が平昌五輪からの同国選手団の除外を決定したことに対する報復行為とされる。
This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.