韓日外相会談、16日に開催されるか…10億円の行方を協議?

9日、韓国外交部長官が2015年の韓日慰安婦合意に対する韓国政府の処理方向を発表したことに続き、後続措置として韓日外相会談が行われることが分かった。

韓国新聞社「ヘラルド経済」は11日、韓国政府消息筋を引用して、康京和(カン・ギョンファ)韓国外交部長官が16日に開かれるカナダ北朝鮮の核・ミサイル開発問題に関する外相会合を機に河野太郎外相と韓日外相会談を推進して慰安婦合意に関する後続措置を議論する予定だと伝えた。

この消息筋は、該当報道機関に「まだ韓日両側から出た話はない」としつつも「カナダ外相会合を契機に両国長官が自然に接触でき、別途の二国間会談を推進することになる可能性もあるだろう」と話した。

康京和外交部長官は9日「日本側の拠出金10億円は韓国政府の予算で充当する」とし「処理方法は日本側と協議する」と明らかにしたことがある。したがって、今回の韓日外相会談が開かれる場合、日本が拠出した10億円の背景に関する説明もあるものと見られる。日本メディアは韓国がこの資金で慰安婦関連歴史記念館と追悼碑建設などを検討していると報じた。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.