日本の戸建てと比較すると、中国は鳩小屋だ!

国や住む地域が変われば住宅事情も変わってくる。日本でも都会と地方では違うが、日本と中国ではその違いはさらに大きい。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国と日本の住宅を比べたうえで、「日本人は一戸建てに住めるというのに、なぜ我々は鳩小屋に住んでいるのか」という記事を掲載し、日中の住宅事情の違いについて紹介している。

まず記事は、中国の写真を掲載している。そこには中国の一般的な住宅の風景として、10階建ての建物が建ち並んでいるなかに40階建ての高層マンションが建っている様子が写っている。次に日本の一般的な住宅地として、2階建ての戸建て住宅が建ち並んでいる新興住宅地の写真を掲載。これらの写真から分かる「日中の住宅事情の決定的な違い」は、日本では低層階の家に住むことが可能であるのに対し、中国では農村でない限りはマンションに住まざるを得ないことであると紹介した。

続けて、「日中の住宅事情に決定的な違い」が生じるのは、日中の土地をめぐる制度に根本的な違いがあるためと紹介。中国の土地は公有制であるのに対して、日本の土地は個人の財産の一部分とみなされていて、土地の所有権利を購入すれば、永久的にその土地を使用することができるので、多くの日本人は自分の土地に戸建て住宅を建てることを好むと伝えた。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.