中国人民日報「THAAD、韓中通貨スワップ延長に障害」

中国人民日報が英語版で、THAAD(高高度防衛ミサイル)問題と韓中通貨スワップについて論評した。 中国共産党機関紙・人民日報の英語版は12日の論評で「THAAD問題の中、韓中通貨スワップ延長協議が行われている」とし「韓国の専門家とメディアはTHAAD問題のために中国が通貨スワップ延長を拒否することを憂慮している」と伝えた。

続いて「韓中通貨スワップ規模は560億ドルで、韓国が締結した通貨スワップ全体の半分近くを占める」とし、韓中通貨スワップが延長されない場合は韓国が厳しい状況を迎えるという見方を示した。 また、上海対外経済貿易大学韓半島(朝鮮半島)研究センター主任の言葉を引用し、「もし両国間の通貨スワップ協定が延長されなければ、すでに緊張している韓国金融市場はさらに大きな問題に直面するだろう」とし「日本、米国との通貨スワップが終了した韓国の立場で(中国との)通貨スワップの延長は非常に重要だ」と指摘した。
http://japanese.joins.com/

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.