親日教育のせいか・・・台湾人ばかりが日本を訪れるなんて不公平

日本を訪れる外国人の数が増え続けている。そのなかでも、中国人や台湾人など、中華圏から訪日する人が全体に占める割合は非常に大きく、日本の観光業界に与える経済効果も非常に大きい。

中国メディアの環球網は7日、台湾人が観光で訪れた日本で使ったお金は1000億台湾ドルに迫っていると伝え、「台湾人は日本にとって忠実な福の神だ」と主張する記事を掲載、台湾人の日本観光の状況について紹介している。

日本政府観光局によれば、2016年に日本を訪れた台湾人の数は416万7512人で、中国と韓国に次いで多かったが、台湾の人口が約2355万人であることを考えると、台湾の人口の約17%が訪日した計算となることから、いかに多くの台湾人が日本を訪れているかがよく分かる。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.