日本の警報システムの凄さと日本人の防災意識の高さに驚く中国

中国は日本ほど頻繁に地震が発生するわけではなく、中国北部などでは生まれてから一度も地震を体験したことがないという人もいる。しかし、四川省で8日、マグニチュード7.0の地震が発生したことで、中国では改めて地震災害の恐ろしさに関心が高まっている。

中国四川省では2008年にも大きな地震が発生しており、それをきっかけに四川省の省都である成都市には「成都減災研究所」が設置された。今回、成都減災研究所は地震波が人口の多い都市部に到達する前にテレビなどを通じて、人びとに警戒を呼びかける情報を発信し、地震警報システムの有用性を示した。

中国メディアの観察者は9日、日本は地震が頻発する国であることは中国でも広く知られており、日本には非常に優れた地震警報システムがあると紹介している。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.