PAC3、中四国4県展開で住民の不安、怒りピーク

北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、上空を通過する可能性がある中四国4県に12日、航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が展開された。陸上自衛隊の駐屯地には発射機などが次々と到着。周辺の住民らの間では「不測の事態が起こるかも」「北朝鮮は許せぬ」といった声が上がり、ミサイルに対する不安や北朝鮮への怒りがピークに達している。

展開先は出雲(島根)、海田市(かいたいち、広島)、松山(愛媛)、高知(高知)の4駐屯地。高知駐屯地には12日未明から早朝にかけ最初にPAC3部隊が到着し、発射口をさまざまな方向に向ける作業が行われた。

北朝鮮に名指しされていない愛媛県にも配備され、松山市で農業をしている男性(58)は家族で「家の上をミサイルが飛ぶのかもしれない。どうなるんだろう」と話し合ったという。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.