8 Tips To Improve Your Relationship, Courtesy Of International Relations

A big part of the science of international relations is the study of the causes of war. But it’s also about how nations can cooperate — like signing treaties, providing aid and generally promising not to kill each others’ citizens. It considers humans on the grandest, most violent scale — asking how we can overcome what might be a fundamentally selfish, fearful human nature to not just coexist but do better than we could alone.

But over 15 years of studying, researching and teaching international relations, I’ve learned that it’s also a deeply personal science, involving commitment, communication and trust. Those things can help reduce conflict and increase cooperation between nations … and people (in my experience, at least). So, seeing how it’s Valentine’s Day, I bring you eight pieces of relationship advice courtesy of international relations.

 

1. Say what you mean, and prove it

We’ve all heard the adage that you should pay attention to what someone does, not what they say. International relations scholars agree. Countries that send “costly signals” — taking an action that incurs some cost, such as moving troops away from a border or disabling a nuclear program — are better able to communicate their intentions in a convincing way to other countries.

You can see some of that idea at work on Valentine’s Day: Buying roses makes that “I love you” more credible, said James Morrow, a professor of political science at the University of Michigan and co-author of “The Logic of Political Survival.” “An engagement ring is also a costly signal,” he added.

You can apply this idea to other areas of your relationship too. If you want your partner to believe that you’ll finally make time for a vacation, for example, book the tickets.1

2. Have an audience

Proposing at a baseball game may seem cheesy and cliché, but there may be something to it. Leaders who generate “audience costs” — that is, they make public promises — tend to keep those promises more often than leaders who keep their intentions to themselves or confined to a small circle. The idea here is simple: accountability. The trick is you need an audience whose opinions matter to you. That’s, in part, why democratic leaders are often better at keeping promises than authoritarian ones — the former are more accountable to their public.

Likewise, you might consider proposing in front of your parents or a group of friends rather than a bunch of drunk strangers watching a ball game.

3. Reciprocity is king

Many scholars considered sustaining international cooperation without a central world government nearly impossible until they discovered the power of the simple rule of “tit-for-tat”: If another country does something nice for you, do something nice in return. They will then return the favor, then you will, and so on — until you’re both living happily ever after.

So, if your partner takes out the trash this week, do it the following week, and you’ll never have to discuss it again. Domestic bliss is yours! “You can also think about tit-for-tat as implicit punishment,” said James Fearon, a professor of political science at Stanford University, “If you don’t take out the trash, I’ll stop walking the dog….”

4. But so is forgiveness

OK, your partner didn’t take out the trash last week. You’re entitled to not take it out this week. But then, forgive and start over. Research shows that punishing someone repeatedly for one wrongdoing — similar to a strategy called “grim trigger” — is less effective at sustaining long-term cooperation than just punishing a nation once and moving on.2

5. No disagreement is an island

Your partner wants to use your first vacation in forever to go to the beach. But you want to go to the mountains. Stalemate! Well, maybe not. There are lots of creative ways to solve an impasse like this, including “issue linkage” — for example, where a person’s advantage in one domain can be countered by providing a benefit to the other person in a different domain, making what would be an otherwise lousy outcome much better. Let’s say Country A wants Country B to remove steel tariffs. Country B could agree, but only on the condition that Country A curbs its greenhouse gas emissions. So, go ahead and give in on the beach — but then you’re entitled to not do the dishes for a week.

6. Careful, conflict is easily escalated

One of the most enduring puzzles about war is that it breaks out even though both parties would be better off coming to a peaceful, negotiated settlement. The same thing can happen in relationships, where after a huge fight you wonder what it was you were fighting about in the first place.

One reason escalation is so easy in both scenarios is that there’s a temptation for each side to bluff about how far they’re willing to go to get the other side to back down. This is because each side has an incentive to act like they care more about getting their preferred outcome than the other side so that when the time comes to draw up an agreement, they get the better deal. The problem is, when both sides (rationally) pretend to care more than they do, they may find themselves in a position where they’ve escalated and can’t back down (thanks to the aforementioned audience costs, for example). In technical terms, this means they’ve shrunk the bargaining range. Trump shouldn’t threaten North Korea with a nuclear attack unless he’s prepared to do it; likewise, don’t threaten to move out unless you really think that’s the solution.

7. The right third party can help

Third parties intervening in a dispute between two countries can help them keep peace, especially when the arbiter is seen as legitimate by both sides. Get a good therapist, and get everyone’s buy-in.

8. Even symbolic stuff can make a difference

Some research suggests that signing an international agreement, like the Paris Climate Accord, can compel countries to change their behavior, but other research shows agreements only attract countries that are already following the rules. Marriage may operate the same way — it could change your behavior, but it’s more likely only going to reflect the relationship as it is. Still, neither are necessarily useless — agreements of all kinds can serve as “focal points” that clarify what kind of behavior the other is going to follow.


So there you have it! All of these are easier said than done, of course. We still see countries go to war and we still see couples fight. But these are the strategies people use to cope with “uncertainty about the future and the intentions of others,” Alexander Von Hagen-Jamar, a postdoctoral fellow at Lund University, said.

“Leaders of countries and people in relationships are both constantly wary of having their territories attacked or their hearts broken,” said Sarah Croco, a professor of political science at the University of Maryland.

Yet, it all may be worth the risk of conflict if it helps us get to cooperation, because cooperation is more than just the absence of peace. It means being able to accomplish things we can’t alone — like operate an International Space Station or, you know, fall in love.

Posted in 未分類 |

【平昌冬季五輪・ショートトラック女子】バ韓国選手が失格!! 代わりにメダルを獲得した選手のインスタが炎上して閉鎖に追い込まれてしまう!!

反則により失格となったバ韓国のチェ・ミンジョン


昨日行われていたショートトラック女子500メートル。

屑チョンの選手が3位でゴールしていました。


しかし!


ビデオ判定の結果、他の選手を追い抜く際に押していたことが判明!!

その結果、失格となり4位だった選手がメダルを獲得していました。


これを受け、屑チョンどもが発火!!

4位になった選手のインスタに悪質なコメントを投稿しまくり、

そのアカウントを閉鎖させる事態になったのです!!!!


いやぁ、本当に醜い連中ですなぁ。

きゃつらにとってオリンピック精神を理解するのは、死んでも無理なんでしょう。


我々人類がより良い未来を築くために、一刻も早くきゃつらを37564にしたいものです。



-----------------------
<平昌五輪>的外れの愛国心…韓国ネットユーザー、選手失格でSNSテロ

 4年ぶりに韓国人の「SNSテロ」が再現された。ショートトラック女子500メートル銅メダルリストのキム・ブタン(23、カナダ)のインスタグラムが韓国ネットユーザーのコメントで炎上した。競り合いの相手となった韓国の崔ミン禎(チェ・ミンジョン、20)は失格となったが、ブタンはそうではなかったからだ。

 崔ミン禎は13日江陵(カンヌン)アイスアリーナで開かれた2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)ショートトラック女子500メートル決勝で2位で決勝ラインを通過した。3位でスタートを切った崔ミン禎は2周を残してアウトコースから追い上げ2位に順位を上げた。最終周では先頭のアリアナ・フォンタナ(28・イタリア)と競い合ったが、22センチの差で逆転に失敗した。

 だが、銀メダルはチェ・ミンジョンのものにはならなかった。ビデオ判定の結果、追い抜きの過程でブタンを押したとされ、ペナルティーにより失格になったのだ。4位だったブタンは銅メダルの獲得後、走り回って喜んだ。ブタンは「リンクから離れようとしたがエリス・クリスティ(28・英国)が私に『ちょっと待ってみて』と言った。クリスティは何が起ころうとしているか知っているみたいだった」と語った。また、「レースの状況を全く思い出せなくて、何のことが分からない」と言った。崔ミン禎は涙を見せながらも「判定を認める」と潔さを見せた。韓国コーチ陣も「前日、チームミーティングで外側からの追い抜きに対する強い制裁があるという話をした」と続けた。

 だが競技を見守っていた韓国ファンの考えは違った。ブタンも崔ミン禎を押したのに、崔ミン禎だけが失格にされたというのだ。一部はブタンのインスタグラムに悪質なコメントを残した。ハングルで書かれたものもあったが、「dirty medal(汚いメダル)」など英語で書かれたものもあった。結局、ブタンはアカウントの閉鎖に追い込まれた。カナダCBCは「韓国人が審判の代わりにブタンを批判した」と伝えた。

 韓国ネットユーザーが相手選手に「サイバーテロ」を加えたのはこれが初めてではない。2014年ソチ五輪でも同じようなことがあった。偶然にも種目も同じショートトラック女子500メートルだった。当時、パク・スンヒ(26)はトップを滑っていたが、クリスティに押し退けられて転倒した。パク・スンヒは再び起き上がって遅れを取り戻したが、銅メダルに甘んじなければならなかった。このことを受けて韓国人はクリスティのSNSに悪質コメントを書き込んだ。クリスティは当時、「韓国人のコメントがとても恐ろしくて寝られなかった。人々が私を殺したいと考えていた」と打ち明けた。

 行き過ぎだコメントを自制する動きもある。ブタンを非難するのではなく、崔ミン禎を慰めるべきだというものだ。韓国選手も競争者に対する過度な批判をありがたく思っていない。スピードスケートに転向して平昌五輪に出場したパク・スンヒは「クリスティとは五輪以降、良い関係を結んだ。クリスティはいい人。今回のオリンピックでは『あまり批判しすぎないでほしい』と呼びかけている」とコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000034-cnippou-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ







Posted in 未分類 |

【緊急拡散】トランプが日本の敵だと確定してしまう      アメカスと戦争になるぞ!!!

【緊急拡散】トランプが日本の敵だと確定してしまう      アメカスと戦争になるぞ!!!

https://i.imgur.com/9kM5Jcd.jpg

posted by



1 :納豆スパ ★:2018/02/13(火) 06:32:11.42 ID:CAP_USER9.net
トランプ氏、日本が貿易で「殺人」と非難 対抗措置を警告
2018年2月13日 5:44 発信地:ワシントンD.C./米国

【2月13日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は12日、日本を含む貿易相手国が「殺人を犯しながら逃げている」と非難し、対抗措置を取る構えを示した。

トランプ氏はホワイトハウス(White House)で開かれたインフラ関連の会合で、出席した閣僚や州・地方自治体の関係者を前に、「他国に利用されてばかりではいられない」と述べ、「わが国は対中日韓で巨額を失っている。これらの国は殺人を犯しながら逃げている」と指摘。

「わが国以外の国、米国を利用する国々に負担してもらう。いわゆる同盟国もあるが、貿易上は同盟国ではない」「相互税を課していく。これに関しては、今週中、そして向こう数か月間に耳にすることになる」と予告した。

トランプ氏が具体的に何に言及しているのかは不明。AFPはホワイトハウスにコメントを求めたが、現時点では回答は得られていない。


http://www.afpbb.com/articles/-/3162145



「トランプ:日本を含む貿易相手国が『殺人を犯しながら逃げている』と非難し、対抗措置を取る構え」
「わが国は対中日韓で巨額を失っている。これらの国は殺人を犯しながら逃げている」
「いわゆる同盟国もあるが、貿易上は同盟国ではない」




「同盟国ではない」




134 :名無しさん@1周年:2018/02/13(火) 07:15:48.16 ID:Wm2R6T9+0.net
戦争したいんだろうなあ
やればいいのにチキンだね
⇒続きはこちら
Posted in 未分類 |

【バ韓国・平昌冬季五輪】集団食中毒の原因が確定!! やはりウ●コ由来の大腸菌だったwwwwwww

もっとも人が死ぬことになるバ韓国の平昌冬季五輪


先日、平昌冬季五輪の宿泊施設で発生したノロウィルスの集団感染

その原因が、地下水を利用した調理用の水だったことが判明していました!!!!!!!

トンデモない汚染っぷりのようで、

大便から発生する大腸菌まみれだったんだとかwwwwww


糞尿喰らいの屑チョンでも感染したのですから、

かなり感染力が高かったんでしょうねぇ。


ま、場所がバ韓国なだけに驚きは少ないですね。

なにしろ、首都の高級ホテルであっても、シャワーから大腸菌まみれの水が出てくるところなんですから。



さて、

五輪期間中に何人の犠牲者が出るのでしょう?


もっとも人が死んだ五輪として、歴史に名を刻んでいただきたいものです。



-----------------------
平昌五輪を襲ったノロウィルス集団感染の原因は調理用地下水、「不十分な点検」を指摘する声も

 2018年2月13日、韓国メディア・ノーカットニュースによると、平昌五輪の警備員らがノロウィルスに集団感染した問題で、原因は調理用地下水の汚染であることが分かった。 

 韓国の疾病管理本部は同日、疫学調査の結果を発表し「集団感染の原因は修練院の集団給食とみられ、調理用の水からの汚染である可能性が高い」と明らかにした。修練院を利用した1014人のうち94人のノロウィルス感染が確認されているが、給食を食べた人は食べていない人に比べ、ノロウィルス発生のリスクが6.5倍高かった上、食事のみで利用した人からも感染者が出たという。また、調理用の水から大便物質などによる汚染から発生するふん便性大腸菌が検出されたことから、調理用の水が汚染された事実も確認された。 

 疾病管理本部関係者は「問題のある地下水を調理用の水として使用する中で給食が汚染され、集団感染が起きたとみられる」と話した。 

 これについて、同メディアは「平昌五輪組織委員会が宿泊施設を選定する際に地下水の安全性を点検していれば、集団感染を防ぐことができた」と指摘している。また、問題の起きた平昌青少年修練院について、組織委員会宿泊専門担当部署は「団体の宿泊に適さない」との判断を出していたが、組織委員会保安要員管理部処がこれに応じず、当該施設を使用するよう指示していたことも分かったという。 

 さらに、韓国メディア・メディカルトゥデイによると、組織委員会の感染者への対応も物議を醸している。感染者を隔離せず他の宿泊者と共に生活させているため、「不十分な対応により感染が拡大しそう」と懸念する声が出ているという。これに対し、疾病管理本部関係者は「呼吸器からではなく、大便から伝染するという疾病の特性を理解していないようだ」と反発している。 

 これを受け、韓国のネットユーザーからは「原因が分かってよかった。今後の管理を徹底してほしい」と安堵の声が寄せられる一方で、「いまだに地下水を使う飲食店があったなんて。ちゃんと水質検査を受けているのか?」「多少お金がかかっても、衛生管理はしっかりしてほしい。基本を守らない店が多過ぎる」など問題が起きた施設への批判の声も多く寄せられている。 

 また「全く管理ができていない」「殺処分して土に埋める国で地下水を信じられるはずがない」「政府は何をしているの?今回の五輪に関し、良い思い出だけを世界に残したいのに」など国に対する不満の声も見られた。 

 その他「他の店でも地下水を使っているだろうに、なぜよりによって五輪警備員の宿泊施設で?」「本当かな?平昌五輪の成功を嫌がる国の仕業では?」と疑う声も出ている。

http://www.recordchina.co.jp/b568212-s0-c50.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ







Posted in 未分類 |

The Economy Is Soaring, And Now So Is The Deficit. That’s A Bad Combination.

Between costly tax cuts and last week’s hefty spending bill, Congress is generating deficits that aren’t just large, they’re also unprecedented and potentially ominous. And even with some optimistic assumptions, President Trump’s latest budget proposal wouldn’t eliminate these deficits — in fact, the president is still angling to add a potentially costly infrastructure plan on top of current spending. But when the economy is this strong, deficits are usually small and shrinking, not ballooning back toward $1 trillion.

We are following a path that the country hasn’t traveled since World War II, with green economic pastures alongside rivers of red deficit ink. And that combination carries unique risks — not because the numbers are especially large (during the early years of the Obama administration, the deficit regularly exceeded $1 trillion) but because these deficits provide unneeded stimulus, which can overheat an economy already operating near full capacity. And in the process, they drain away funding that might be better reserved for fighting off the next recession.

Congress’s don’t-tax-but-spend approach is a root cause of the sizable deficit. Less than two months after Republicans passed a tax plan expected to cost the Treasury roughly $1.5 trillion, members of both parties agreed to raise spending by as much as $300 billion over two years, not including the new infrastructure and other spending increases in Trump’s budget proposal. Resistance to these moves has been inconsistent, with just two members of the entire Republican caucus voting against both the tax cuts and the spending bill despite the fact that deficit reduction has been a GOP rallying cry for decades. Even famously deficit-averse House Speaker Paul Ryan signed on.

But in plum times, deficits this big carry real risks. To start with, financing these deficits will require the government to borrow more money via the bond market. And to attract enough investors, they may have to pay higher interest rates, in the form of higher bond yields. But that only makes the budget situation even worse, forcing the government to pay back its debt at higher rates.

Private businesses would feel the squeeze, too. If the government starts paying higher interest on its bonds, companies will have to do the same for corporate bonds. That’ll make it costlier for them to raise money, reducing investment and even dampening overall productivity.

This was less of a problem during the Great Recession and its aftermath because bond yields were held down by the Federal Reserve. Among other things, the Fed engaged in a massive bond-purchasing enterprise called quantitative easing, which created a kind of backstop to ensure that the government could find buyers without having to raise payouts.

But the situation has now reversed. The Fed is raising interest rates, selling off bonds and generally trying to restrain an economy that’s growing at a pace the regulatory body fears may be unsustainable. And that means there is no backstop, just an environment where deficits could make it much more expensive for both government and private companies to borrow money.

And this is just one potential issue. Perhaps the greater risk of rising deficits is that they make it harder for the U.S. to fight off the next recession, whenever it comes. Combating a recession generally requires a twofold approach: Rapid interest-rate cuts at the Federal Reserve to encourage borrowing and stimulus spending from Congress, both of which inject cash into the economy. But the Fed is in a weak position now. It can’t cut rates by 4 or 5 percentage points, as it has in recent recessions, because interest rates aren’t that far above zero right now — and the Fed’s own projections suggest they won’t get much higher, even over the long run.

Congressional action is thus especially important, but here’s where deficits get in the way. When Congress passed stimulative tax cuts during the recession of 2001 and boosted direct spending with the American Recovery and Reinvestment Act in 2009, they were starting from a position of relative comfort, as pre-recession budget deficits were either small or nonexistent. This time around, the U.S. is liable to enter its next recession with a substantial deficit, inflaming concerns that even necessary stimulus would be just too dangerous.

To appreciate just how unusual today’s deficits are, consider that the last time the job market was comparably robust was in the mid-2000s, and at that time the deficit declined from 3.4 percent of the GDP in 2004 to 1.1 percent in 2007. One cycle earlier, when the unemployment rate hit a 30-year low in 2000, the U.S. actually ran a budget surplus.

The charts below plot both annual deficits and what’s called the “output gap,” a measure of how close the U.S. economy is to its full potential. And the story comes together in the bottom panel, where the march of dots leading up and to the right shows that from 1950 until very recently, the U.S. has stuck close to the same general pattern: When the economy approached — or sometimes exceeded — its growth potential, deficits tended to be small, or even to flip into surpluses. But when the economy weakened, as in the early Obama years, budget shortfalls widened, sometimes dramatically.

What really stands out are the current projections, which show the U.S. walking into a deficit no-man’s-land, an otherwise empty area where growth is above expectations and yet deficits remain large. Although, in the years since 1950, we’ve had periods where the economy was stronger than today’s, and others where deficits were larger, we’ve never in that time seen a deficit this large in an economy this strong.

But the current deficits aren’t going to vanish; they’re expected to grow. Recent estimates from the Treasury Department show deficits increasing from $750 billion this year to just over $1 trillion by 2020. And while that does include the impact of tax cuts, a separate estimate from the bipartisan, pro-debt-reform Committee for a Responsible Federal Budget — which also accounts for last week’s expensive budget agreement — puts the likely 2020 gap at $1.24 trillion.

The good news is that fixing the deficit problem is relatively straightforward, a matter of finding the right balance of spending cuts and tax increases. And now would seem a propitious time for either approach approach, given that the economy doesn’t need any stimulus.

But deficit hawks seem to have become an endangered species in Washington, apparently outnumbered by the deficit shruggers, who’ve grown inured to the prophecies of impending budget doom. Democrats warned of deficits during the tax cut debate, and some Republicans found their anti-deficit voices last week in a failed effort to block the spending bill — but these critiques seemed mostly opportunistic, a handy weapon for attacking your opponents’ priorities that’s quickly sheathed when pursuing your own.

For now, neither party seems willing to make deficit reduction a top priority, which worsens the odds of finding a solution — and lets the risk accumulate along with the debt.

Posted in 未分類 |

スウェーデン中銀、政策金利-0.50%に据え置き 下期に利上げ見込む

[ストックホルム 14日 ロイター] - スウェーデン中央銀行は14日、市場の予想通り、政策金利をマイナス0.5%で据え置いた。中銀はインフレ見通しをわずかに引き下げた上で、2011年7月以来となる利上げを今年下半期に実施するとの見通しを示した。
Posted in 未分類 |

enish、欅のキセキでも下り坂




平成29年12月期決算短信〔日本基準〕(非連結) 2018/02/14 15:00
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1557332
a02

※当期純利益9.82億円の赤字

a00

a01
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1557833



a06
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1557833




a03
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1557833



a04
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1557833






エニ 日足

Posted in 未分類 |

韓国の気象衛星が五輪中に御臨終キタ━━━━(°∀°)━━━━!!!www バ カ ス www

韓国の気象衛星が五輪中に御臨終キタ━━━━(°∀°)━━━━!!!www バ カ ス www



posted by



1 :たんぽぽ ★:2018/02/13(火) 15:11:54.34 ID:CAP_USER*.net
【平昌五輪】よりによって五輪中にダウンとは…韓国の気象衛星故障し、日本の衛星に「ヘルプ!」
2018.2.13 14:55

韓国の天気予報に利用されてきた衛星が11日から2日間、故障のため作動していないことが明らかになった。夜間に強風が吹き荒れるなど悪天候に見舞われる平昌五輪が今後、佳境へと向かう中での異常事態。韓国当局は皮肉にも、「五輪のライバル国」と見なす日本側の衛星映像を活用せざるを得ない状況だ。

韓国紙、東亜日報(電子版)によると、故障したのは静止軌道衛星「千里眼1号」。同日午前5時44分に突然、主力コンピューターがダウンし、現時点で作動していないという。

故障で1日以上も衛星映像を受信できないのは2010年の打ち上げ以来、初めてという。

韓国航空宇宙研究所は補助コンピューターを使って原因を解析中。ある専門家は電子機器部分が長期間、宇宙の放射線にさらされたことによる「エラー」との見方を示しているという。千里眼1号の寿命は7~8年。ほぼ使命を終えた時期でもある。

五輪関係者にとどまらず、ソウルなど各地からの観戦客にも正確な予報は不可欠。韓国気象庁は現在、日本の衛星映像を受信して天気予報をしているが、韓国政府関係者は東亜日報に対し、「よりによって平昌五輪が開催される重要な時期に故障し、日本の衛星画像を借りて使うことになるとはあきれる」と述べた。

ネット上では、「衛星が詰まってしまうなんて」と、ため息交じりの声が上がっている。(五輪速報班)


http://www.sankei.com/smp/pyeongchang2018/news/180213/pye1802130061-s1.html


「韓国の天気予報に利用されてきた衛星が11日から2日間、故障のため作動していない」
「突然、主力コンピューターがダウン」
「皮肉にも、『五輪のライバル国』と見なす日本側の衛星映像を活用せざるを得ない」




814 ::2018/02/13(火) 18:03:01.25 ID:WItaAnUT.net
五輪中に御臨終
⇒続きはこちら
Posted in 未分類 |

中国自動車市場で日本勢優勢、韓国失速、試される中国戦略

世界の自動車販売を中国市場が牽引(けんいん)する構図が、これまで以上に鮮明になっている。ホンダが2日に発表した2017年の中国での販売台数は前年比16%増の145万8000万台で、同社として過去最高を更新。 日産自動車は5日、中国で22年までに600億人民元(約1兆円)を投資し、年間販売台数を17年実績の1.7倍の260万台に引き上げる計画を公表した。22年の売上高は3000億元(約5兆円)に達する見通し。日本勢が“主戦場”としてきた米国で乗用車市場が頭打ちになる中、相対的に中国の存在感が高まっている。各社が中国市場で勢いを維持するには、電気自動車(EV)の投入など環境規制への対応が試されることになる。

ホンダの倉石誠司副社長は中国市場での販売好調について、「中国専用モデルなど、現地のお客さまのニーズに合った商品を投入してきた。人気となっているスポーツ用多目的車(SUV)などで強いモデルを持っていることも要因だ」と説明した。164万1000台の米国と差は縮まっており、倉石氏は「市場動向からみると、近いうちに抜かなければならないと思っている」と話した。1982年に日本の自動車メーカーとして初めて現地生産を始めて以来、米国を最大市場としてきたホンダにとっての転機だ。

日産は現地の自動車メーカー、東風汽車と合弁で中国事業を展開している。合弁会社の関潤総裁は「中国は世界で最もダイナミックで、急成長している市場。ここでしっかり成果を出したい」と強調する。日産の17年の中国市場での販売台数は前年比約12%増の151万9000台と過去最高で、日系メーカーでは最多。トヨタ自動車は約6%増にとどまり、日産・仏ルノー・三菱自動車連合の世界販売台数がトヨタを抜いて2位となった背景には、中国での勢いの差があるといえそうだ。

Posted in 未分類 |

韓日、中国対応に向けた空母の改造を検討中

米外交安保分析会社のストレッポが韓国と日本が中国の急速な空母戦力の拡充と北朝鮮の核開発に対応してステルス戦闘機を搭載できるように大型輸送艦と護衛艦を改造する案を検討していると伝えた。

13日、ストレッポによると、韓国と日本がそれぞれ「独島(ドクト、日本名・竹島)」級と「いずも」級空母の甲板を最新鋭ステルス戦闘機「F35B」の垂直離着陸が可能なものに改造すれば、F35Bをそれぞれ12機以上搭載できるだろうと予想した。

引き続き「中国がすでに運用していたか、あるいは建造している空母はそれぞれ30機やそれ以上の艦載機を搭載することができる」と伝え「中国空母の艦載機の搭載数が韓国と日本の2倍以上ではあるが、F35Bの先端能力が中国の利点を大きく相殺するだろう」と話した。

これに先立ち、日本政府がF35Bの導入を検討推進していると読売新聞が12日、報じた。複数の政府関係者を引用した報道で、同紙はF35Bは主力戦闘機「F15」の後継機の一部と位置づけ、2026年度ごろの運用開始を目指しているとしながら「滑走路の短い離島の空港を活用でき、離島防衛能力が高まる」と伝えた。

Posted in 未分類 |

【韓国経済崩壊】韓国ロッテ会長に2年6カ月の実刑判決が下る!!!! 馬鹿共の醜い潰し合いが終わらない!!!! 自ら経済を壊し破滅する運命にある!!!! 2ch「犯罪者が経営する会社になった」「反日ロッテは潰れて良い」

【韓国経済崩壊】韓国ロッテ会長に2年6カ月の実刑判決が下る!!!! 馬鹿共の醜い潰し合いが終わらない!!!! 自ら経済を壊し破滅する運命にある!!!! 2ch「犯罪者が経営する会社になった」「反日ロッテは潰れて良い」



posted by



【韓国】韓国ロッテグループの会長に実刑判決[02/13]

1 :たんぽぽ ★:2018/02/13(火) 17:15:03.37 ID:CAP_USER*.net
韓国ロッテグループの会長に実刑判決
2月13日 16時34分

韓国のパク・クネ(朴槿恵)前大統領をめぐる一連の事件で、免税店の営業許可を得るためにパク前大統領側に日本円で6億5000万円余りの賄賂を渡したとして贈賄の罪に問われている韓国ロッテグループの会長、重光昭夫被告に対し、ソウルの裁判所は懲役2年6か月の実刑判決を言い渡しました。これにより、ロッテグループの経営に空白が生じる事態となりました。


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180213/k10011327281000.html


>パク前大統領側に日本円で6億5000万円余りの賄賂を渡したとして贈賄の罪に問われている韓国ロッテグループの会長、重光昭夫被告に対し、ソウルの裁判所は懲役2年6か月の実刑判決を言い渡しました




4 ::2018/02/13(火) 17:18:42.76 ID:NWmQFrdD.net
朴正煕の元で育った財閥なんて根絶やしにしろww
財閥なんてなくても世界一優秀なロウソク民族は大丈夫だから

遠慮なくつぶしていけ


8 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2018/02/13(火) 17:22:19.96 ID:9+07FVbC.net
NPBのオーナーの欠格条件に
実刑判決を受けた者とかあるのかな?
⇒続きはこちら
Posted in 未分類 |

アングル:シンガポールが警戒、武装攻撃は「時間の問題」

[シンガポール 4日 ロイター] - テレビ画面や巨大ポスターが武装勢力の脅威を警告する駅構内では、武装した警官がパトロールしている。近くでは偽物の銃で武装した男たちがショッピングモールを襲うといったシミュレーション訓練が、最近になって頻繁に行われている。
Posted in 未分類 |

米予算編成、非国防支出の増加は満額組み入れ=下院歳出委員長

[ワシントン 13日 ロイター] - 米上院の与野党指導部が前週合意した2年間の1310億ドルの非国防支出増加について、下院歳出委員会のロドニー・フリーリングハイゼン委員長(共和党)は、満額を予算に組み入れるとの見方を示した。
Posted in 未分類 |