日本人「中国人と会話するときに「私は日本鬼子です」って言うの面白すぎ」 中国人「草生えるwww」

180111-1-001.jpg

日本人「中国人と会話するときに「私は日本鬼子です」って言うの面白すぎ」

隣国の日本人の呼び方については、多くの人が「小日本」以外に思いつくのは、「日本鬼子」という単語だろう。最近、日本のネット掲示板で、「中国人と会話するときに「私は日本鬼子です」って言うの面白すぎ、その単語を出すとみんな困惑する」というスレが立っていた。



Posted in 未分類 |

【韓国の法則】慰安婦像を設置した反日都市で ま た 災 害 !!! 韓国に関わったせいで生き地獄に!!!【画像あり】

【韓国の法則】慰安婦像を設置した反日都市で ま た 災 害 !!! 韓国に関わったせいで生き地獄に!!!【画像あり】

https://i.imgur.com/ADFrHkW.jpg

posted by



カリフォルニアで土砂崩れ、15人死亡 火災後に大雨
2018年1月10日22時32分

米カリフォルニア州南部サンタバーバラ郡周辺で9日、大雨による大規模な土砂崩れや洪水が起き、15人が死亡、25人がけがをした。現場の一部は昨年、ロサンゼルス周辺で広がった大規模火災で焼失した地域で、消防当局は土壌が土砂崩れを起こしやすくなっているとして警戒していた。

AP通信などによると、現場周辺の道路が土砂に埋まっているため、救助はヘリを使うなど難航しているという。同州は8日から沿岸部を中心に各地で豪雨に見舞われていた。

同州では昨年12月、強風で燃え広がったロサンゼルスや周辺地域の大規模原野火災で1100平方キロ以上が焼失。消防当局は、火災によって水分を吸収できなくなっている土地が広範囲にわたっているとして、大雨による土砂崩れを警戒していた。


https://www.asahi.com/articles/ASL1B2DZ7L1BUHBI003.html


「カリフォルニア州南部:大雨による大規模な土砂崩れや洪水が起き、15人が死亡、25人がけが」
「現場の一部は昨年、ロサンゼルス周辺で広がった大規模火災で焼失した地域」
「火災によって水分を吸収できなくなっている土地が広範囲に」



1 :みつを ★:2018/01/11(木) 00:41:40.47 ID:CAP_USER9.net
インフルエンザ猛威、死者や入院患者が大幅増 米加州
2018.01.10 Wed posted at 15:25 JST

(CNN) 米カリフォルニア州でインフルエンザの流行が広がり、死者や入院患者が例年に比べて大幅に増加している。

カリフォルニア州公衆衛生局によると、インフルエンザに関係して9日までに65歳未満の患者27人の死亡が確認された。例年のこの時期であれば、インフルエンザによる65歳未満の死者は3~4人程度にとどまるという。

今シーズンは流行の始まりが早かったために、死者が増えた可能性があると当局者は指摘する。州内では入院患者数、外来患者数とも、例年のこの時期を上回っている。

インフルエンザの症状を訴えて来院する患者は、州全域の病院で異例の多さとなっている。イリノイ州やテキサス州なども同じような状況だという。

米疾病対策センター(CDC)によると、インフルエンザの感染拡大は全米の46州で報告されている。このうちカリフォルニア州を含む26州は、インフルエンザの動向を「高」に分類している。

カリフォルニア州などでは需要増大に伴い、タミフルなどのインフルエンザ治療薬が一部の薬局で一時的に品薄になる事態にもつながった。

ただ、同州公衆衛生当局は、インフルエンザのワクチンや治療薬が州全土で不足する事態にはなっていないと説明。「我々はCDCやメーカー、流通業者とも連絡を取っており、抗ウイルス薬が不足することはない」と強調している。


https://www.cnn.co.jp/m/usa/35112952.html




「カリフォルニア州でインフルエンザの流行が広がり、死者や入院患者が例年に比べて大幅に増加」
「9日までに65歳未満の患者27人の死亡が確認された」
⇒続きはこちら
Posted in 未分類 |

To Cut The Debt, The GOP Should Focus On Health Care Costs

Energized by the successful passage of tax cuts, some Republicans are eying a new target: entitlement programs like Social Security and Medicare. House Speaker Paul Ryan is leading the charge, arguing that the only way to break the cycle of rising deficits and surging debt is to reduce entitlement spending.

Political resistance is likely to be fierce, not only because these programs are massively popular, but also because President Trump opposed any such cuts during his campaign. Even if the political hurdles can be cleared, though, the bigger problem is that this push for entitlement reform attacks the wrong target.

There is no wide-reaching entitlement funding crisis, no deep-rooted connection between runaway debts and the broad suite of pension and social welfare programs that usually get called entitlements. The problem is linked to entitlements, but it’s much narrower: If the U.S. budget collapses after hemorrhaging too much red ink, the main culprit will be rising health care costs.

Aside from health care, entitlement spending actually looks relatively manageable. Social Security will get a little more expensive over the next 30 years; welfare and anti-poverty programs will get a little cheaper. But costs for programs like Medicare and Medicaid are expected to climb from the merely unaffordable to truly catastrophic.

Part of that has to do with our aging population, but age isn’t the biggest issue. In a hypothetical world where the population of seniors citizens didn’t increase, entitlement-related health spending would still soar to unprecedented heights — thanks to the relentlessly accelerating cost of medical treatments for people of all ages.1

What’s needed, then, is something far more focused than entitlement reform: an aggressive effort to slow the growth of per-person health care costs. Or — if that’s not possible — some way to ensure that the economy grows at least as fast as the cost of health care does.

Diagnosing the debt: It’s not about demographics

America’s long-term budget problem is very real. Already, the federal government has a pile of publicly held debts amounting to around $15 trillion, or about 75 percent of the country’s entire gross domestic product. That’s the highest level since the 1940s, yet the debt burden is expected to double by 2047 and reach 150 percent of the GDP, according to the Congressional Budget Office.2

It makes sense to list entitlement spending among the culprits for the growing national debt, given that these programs have grown from costing less than 10 percent of the GDP in 2000 to a projected 18 percent in 2047. Part of this is simple demographics: As America ages, more of us become eligible for Social Security and Medicare, thus driving up expenses.3

But there’s a crack in this demographic explanation: It only makes sense for the next 10 to 15 years. That’s the period of rapid transition when graying baby boomers will boost the population of seniors from around 50 million to more than 70 million. A change like that should indeed produce a surge in entitlement spending as those millions submit their enrollment forms.

By 2030, however, this wave will start to ebb, leaving the elderly share of the population at a roughly stable 20 to 21 percent all the way through 2060, based on the size of the population following the boomers and slower-moving forces like lengthening lifespans.

But think what this should mean for entitlement spending. As the population of seniors levels out in those later years, costs should naturally stabilize — at least, if demographics were really the driving factor.

This is exactly what you see for Social Security. The CBO expects total Social Security spending to leap up over the next decade but then settle at just over 6 percent of the GDP, at which point it will cease to be a major contributor to rising entitlement spending or growing debts. Social Security is thus a minor player in our long-term budget drama; if you cut the program to the bone, shrinking future payouts so that they won’t add a penny to the deficit, the federal debt would still reach 111 percent of the GDP in 2047.4

Likewise, cuts to welfare and poverty-related entitlements like food stamps and unemployment insurance are unlikely to improve the debt forecast. In fact, spending on these entitlements has been dropping since the high-need years around the Great Recession and is expected to shrink further in the decades ahead — partly because payouts aren’t adjusted to keep up with economic growth, and partly because the birth rate has been falling and several programs are geared to families with children.5

But the scale of the problem is totally different when you turn to health care. Spending on entitlement-related health programs — including Medicare, Medicaid and subsidies required by the Affordable Care Act — will never shrink or stabilize, according to projections. The CBO predicts these costs will grow over 65 percent between now and 2047 — and then go right on growing after that, heedless of the fact that the percentage of the population that’s over 65 should no longer be increasing.

Why is health care eating the budget? Per-person costs

Demographics aren’t responsible for the projected explosion in health care costs. More important than the growing number of elderly Americans is the growing cost per patient — the rising expense of treating each individual

The CBO found that the lion’s share — 60 percent — of the projected increase in health spending comes from costs that would continue to increase even if our population weren’t getting older.

The reasons for this are many, including the rising cost of prescription drugs and the fact that hospital mergers have reduced competition. But since 2000, per capita health costs in the U.S. have, on average, grown faster than the GDP. And while these costs rose more slowly after the Great Recession and the implementation of the Affordable Care Act, analysis from the Centers for Medicare and Medicaid Services suggests this slower growth rate won’t last.

Which is bad news for these programs, because if the problem were demographic, it’d be easier to solve. By mixing the kind of program cuts Republicans generally support with targeted tax increases favored by some Democrats, you could meet the short-term challenge posed by retiring baby boomers and raise enough money to cover the larger — but stabilizing — population of eligible seniors. But with ever-rising costs, there is no stable future to prepare for. To keep these programs funded, you’d need a wholly different approach — indeed a whole new perspective on mounting federal debt and the role of entitlements.

The future is a race between rising health care costs and economic growth, a race that the economy is losing. Each time health costs outpace the GDP, it creates what the CBO calls “excess cost growth,” which feeds the federal debt. If the government could close this gap, the long-term budget outlook would be a lot rosier.

There are two ways to solve this issue: Either contain health care costs — say through price regulation or more competitive markets — or boost economic growth enough to pay for this expensive health care. Success on either front would make health care spending look more manageable over future decades and lighten the debt load.

Entitlement reform needs health care reform to work

Few of the proposals that commonly fall under the heading of entitlement reform target the health care cost problem, which limits their ability to reduce the long-term debt.

Even when they do address health care, often the result is to shift — rather than solve — the problem. Say lawmakers decide to dramatically cut Medicare. That would indeed ease the government’s debt problem. But the underlying dynamic — the race between health costs and the GDP — wouldn’t really change. Seniors would still need health care, and per-person costs would likely still grow (maybe even faster, since Medicare is a relatively efficient program).

On top of all this, there’s also a deep-seated political barrier: It’s no good if one party picks its favored solution only to watch the other party dismantle it when they next take over. You need political consensus to make changes stick, and America is notably short on consensus right now.

In the end, though, it won’t do to just throw up our hands. Absent some workable solution, spending on health care will sink the federal budget, generating levels of debt that would hold back the economy and potentially spark a global crisis of confidence in the United States’ ability to borrow.

If Republicans are serious about addressing this challenge and reducing America’s debt, they need to find an approach to entitlement reform that can both reduce out-of-control health costs and also survive under Democratic governance.

Posted in 未分類 |

独連立交渉、予備折衝最終日は「厳しい一日」に=メルケル首相

[ベルリン 11日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は、自身が率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が連立協議を進める社会民主党(SPF)が欧州の統合加速を強く求めていることから、両党の予備折衝最終日となる11日は「厳しい一日になる」との見解を示した。
Posted in 未分類 |

mixiが遺憾の意、チケットキャンプ創業者の笹森良さんが書類送検のチケットを入手した件で



a04
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20180111000086





2018/01/11 17:00 ミクシィ 子会社前代表取締役の書類送検に関する報道につきまして
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1544018
1401








※そっち関係
・ジャニーズ事務所絡みの商標法違反と不正競争防止法違反容疑の捜査(兵庫県警)
・共謀していた大口の転売業者絡みの電算機使用詐欺容疑の捜査(京都府警)

※まだ予約の段階



mixi 日足

Posted in 未分類 |

【朗報】バ韓国の30代は“集団うつ”状態!! 夢も希望もなく、できるのは自殺のみwwww

自殺はバ韓国塵にできる数少ない善行


最近行われた調査によると、

バ韓国の30代は“集団うつ”状態になっているようです。



現在の生活に悲観していて、将来への希望もゼロなのですから、

当然といえば当然ですねwwwww




この集団うつが全世代に広がり、どんどん集団自殺していただきたいものです。


バ韓国には何の未来もないので、放っておいてもそうなることでしょうけどwwww



-----------------------
韓国の30代は「集団うつ」状態? 現在だけでなく、未来に対しても悲観的=中国メディア

 中国メディア・環球網は8日、韓国の民間研究機関が実施した調査で、韓国の30代が「集団うつ」に近い状況になっていることが明らかになったとする、韓国メディアの報道を伝えた。

 記事は、韓国・亜州経済の8日付報道を引用。韓国のある民間研究機関が昨年11月下旬に、15歳以上の韓国市民1000人を対象に実施した「2017市民希望認識調査」の結果が先日発表されたことを紹介した。この調査では、個人、社会、国、世界の4つのカテゴリーについてそれぞれ5つの項目について尋ねたという。

 調査の結果、30-39歳の層が生活満足度、精神と身体の健康、経済状況などの多くの項目で「不満」の状態にあり、平均値より低い点数になった。記事は「韓国の若い世代が現在の生活に対して悲観的になっているのみならず、将来への希望も薄いと考えている。この層では、個人、社会、国、世界のすべてのカテゴリーにおける点数が平均値を下回った」と伝えている。

 調査を実施した研究機関は、「30代はすべての項目において満足度が低く、集団うつに近い状況にある」との見方を示した。また、専門家からは「30代は社会の核となる層であり、韓国政府は住居、雇用などにおいてピンポイント、かつ、効果的な支援政策を提供すべきだ」との意見が出ているようだ。

 韓国にとって2017年は多難の年だった。朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾と逮捕があり、高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備によって中国との関係も冷却化した。このような状況も「希望指数」の低下に拍車をかけた可能性がある。2月の平昌五輪は、疲弊気味の韓国社会を少しでも明るくすることができるだろうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/14138868/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ







Posted in 未分類 |

「合意なき」EU離脱、50万人の雇用失われる可能性=ロンドン市長

[ロンドン 11日 ロイター] - 英ロンドンのカーン市長の委託でコンサルタント会社がまとめた報告書によると、英国が欧州連合(EU)と貿易協定で合意しないままEUを離脱すれば、離脱後の12年間に50万人近くの雇用と500億ポンド(674億1000万ドル)の投資が失われる可能性がある。
Posted in 未分類 |

【韓国発狂】安倍首相、平昌五輪欠席の方針を固めるwww 文在寅 大 敗 北 キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!!www

【韓国発狂】安倍首相、平昌五輪欠席の方針を固めるwww 文在寅 大 敗 北 キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!!www



posted by



1 :たんぽぽ ★:2018/01/11(木) 07:23:42.75 ID:CAP_USER*.net
安倍首相、平昌五輪の開会式欠席へ 慰安婦日韓合意めぐる韓国新方針で判断
2018.1.11 07:10

安倍晋三首相は韓国で2月9日に行われる平昌五輪の開会式への出席を見送る方針を固めた。複数の政府関係者が10日、明らかにした。表向きは1月22日に召集予定の通常国会の日程があるためとするが、慰安婦問題の解決を確認した2015年12月の日韓合意をめぐり、文在寅政権が日本政府に新たな措置を求める姿勢を示したことを受けて判断した。

韓国政府はこれまで、平昌五輪に合わせた安倍首相の訪韓を繰り返し要請してきた。そうした中で、康京和外相が9日に「被害者らの名誉・尊厳回復と心の傷を癒やすための努力継続を期待する」と発言。10日には文大統領も記者会見で、日本の誠意ある謝罪が必要だとの認識を示した。

日本政府は「最終的かつ不可逆的な解決」を盛り込んだ日韓合意を見直す動きだと判断。昨年1月に釜山の日本総領事館前の慰安婦像設置への対抗措置として中断している日韓通貨交換(スワップ)協定再開の協議に引き続き応じない方針とともに、安倍首相の平昌五輪の開会式出席を見送る方針を固めた。

ただ、日本政府内には安倍首相が訪韓し、日韓合意の順守を文氏に直接求めるべきだとの意見も根強くある。

菅義偉官房長官は10日の記者会見で、文氏の発言について「韓国側がさらなる措置を求めることは、わが国として全く受け入れられない」と批判。外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は同日、在日韓国大使館の李煕燮公使に抗議した。


http://www.sankei.com/smp/politics/news/180111/plt1801110005-s1.html




「安倍晋三首相は韓国で2月9日に行われる平昌五輪の開会式への出席を見送る方針を固めた」
「表向きは1月22日に召集予定の通常国会の日程があるためとするが」
「文在寅政権が日本政府に新たな措置を求める姿勢を示したことを受けて判断」
⇒続きはこちら
Posted in 未分類 |

安倍首相、平昌五輪欠席へ…韓日通貨スワップ交渉に応じず

安倍晋三首相が平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)開会式への出席を見送る方針を固めたと、産経新聞が11日報じた。同紙は複数の政府関係者を引用し、このように伝えた。表向きは1月22日に召集予定の通常国会の日程があるためとするが、慰安婦問題の解決を確認した2015年12月の韓日合意をめぐり、文在寅(ムン・ジェイン)政権が日本政府に新たな措置を求める姿勢を示したことを受けて判断したと、同紙は分析した。

韓国政府はその間、安倍首相の平昌五輪出席を繰り返し要請しながらも、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が「被害者の名誉尊厳回復と心の傷を癒やすための努力を期待する」と述べ、文大統領も記者会見で日本の誠意ある謝罪が必要だという認識を示した。日本政府はこれを「合意を見直す動き」と判断していると、同紙は報じた。これと共に韓日通貨スワップ協定再開のための協議にも引き続き応じない方針だと伝えた。日本は昨年1月に釜山(プサン)の日本総領事館前の慰安婦像設置への対抗措置として韓日通貨スワップ協定を中断した。

しかし米国がペンス副大統領など高官級代表団を派遣する点が変数になるとみられる。北朝鮮の崔竜海(チェ・ヨンヘ)労働党副委員長が訪問団の代表を務める可能性もあり、五輪期間中に朝米代表団間の会談が実現するかどうかが注目される状況だ。この場合、日本も高官級代表団を送るべきだという国内外の圧力を受ける可能性があるからだ。

Posted in 未分類 |

韓日外相会談、16日に開催されるか…10億円の行方を協議?

9日、韓国外交部長官が2015年の韓日慰安婦合意に対する韓国政府の処理方向を発表したことに続き、後続措置として韓日外相会談が行われることが分かった。

韓国新聞社「ヘラルド経済」は11日、韓国政府消息筋を引用して、康京和(カン・ギョンファ)韓国外交部長官が16日に開かれるカナダ北朝鮮の核・ミサイル開発問題に関する外相会合を機に河野太郎外相と韓日外相会談を推進して慰安婦合意に関する後続措置を議論する予定だと伝えた。

この消息筋は、該当報道機関に「まだ韓日両側から出た話はない」としつつも「カナダ外相会合を契機に両国長官が自然に接触でき、別途の二国間会談を推進することになる可能性もあるだろう」と話した。

康京和外交部長官は9日「日本側の拠出金10億円は韓国政府の予算で充当する」とし「処理方法は日本側と協議する」と明らかにしたことがある。したがって、今回の韓日外相会談が開かれる場合、日本が拠出した10億円の背景に関する説明もあるものと見られる。日本メディアは韓国がこの資金で慰安婦関連歴史記念館と追悼碑建設などを検討していると報じた。

Posted in 未分類 |

【韓国崩壊】無能大統領、合意は破棄できないと宣言!!!! 馬鹿か!!!! 公約違反で見苦しい言い訳に終始!!!! 愚民からも呆れられる始末!!!! 反日で狂った馬鹿国家に未来はない!!!! 2ch「言ってる事が無茶苦茶」「国内を抑えきれない無能」「信頼など初めからない」

【韓国崩壊】無能大統領、合意は破棄できないと宣言!!!! 馬鹿か!!!! 公約違反で見苦しい言い訳に終始!!!! 愚民からも呆れられる始末!!!! 反日で狂った馬鹿国家に未来はない!!!! 2ch「言ってる事が無茶苦茶」「国内を抑えきれない無能」「信頼など初めからない」



posted by



【韓国】文大統領が語った慰安婦合意を破棄しない理由「満足はしていないが…」=韓国ネットからは「賢い戦略だ」の声も[01/10]

1 :たんぽぽ ★:2018/01/11(木) 06:31:11.77 ID:CAP_USER*.net
2018年1月10日、慰安婦問題をめぐる15年末の日韓合意を破棄しない方針を決めたことについて、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「満足していない」との考えを明らかにした。聯合ニュースなど複数の韓国メディアが伝えた。

文大統領は同日午前、大統領府で新年の記者会見を開き、合意を破棄しない方針を決めたことについて日韓両国間の公式合意であるため、十分に満足できずとも現実的に最善を探らなければならなかったと述べた。また、「なぜ再交渉を求めないのかとの質問が出るだろう」とし、その理由について「基本的に慰安婦問題は真実と正義によって解決するしかない。日本が真実を認め、元慰安婦のおばあさんたちに謝罪し、再発しないよう国際社会と共に努力すれば、和解と許しが待っているだろう」と説明した。さらに、「被害者を除いた状態で両政府が条件のすり合わせをしても問題は解決しない。日本側には真実と正義という原則に立った解決を促していくが、過去の合意を破棄し、再交渉する問題ではないと強調した。

また、日本政府が拠出した10億円については「日本と被害者が同意した上で慰安婦問題を解決する目的で使用できることが望ましい」とし、「日本や慰安婦被害者、市民団体と協議していく必要がある」との考えを示した。

これについて、韓国のネットユーザーからは

意味が分からない。それならなぜ再交渉を宣言したの?
公約はどうなる?
「被害者を裏切り、また泣かせるつもり?」
文在寅政府の外交力に期待していたのにがっかり
結局、文大統領も慰安婦被害者を利用しただけ

など不満のコメントが多く寄せられている。文大統領は大統領選挙の時に何度も「慰安婦合意の再交渉」を宣言していた。

一方で

「言葉の裏に隠された意図に注目するべき。文大統領はうまくやっている」
信頼を保った上で日本の罪を国際社会に広めていくということ。とても賢い戦略だ」

などと指摘する声もみられた。

(翻訳・編集/堂本)


http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=301513&ph=0



>日韓両国間の公式合意であるため、十分に満足できずとも現実的に最善を探らなければならなかった
>日本側には真実と正義という原則に立った解決を促していくが、過去の合意を破棄し、再交渉する問題ではない





2 ::2018/01/11(木) 06:32:42.39 ID:Hm6KHFPX.net
嘘つき朝鮮人滅亡を望む


6 ::2018/01/11(木) 06:34:55.93 ID:iwkz0si7.net
発言自体がもう合意反故なんだけどな。
⇒続きはこちら
Posted in 未分類 |