「バ韓国語は耳触り!」と発言した米国女性が警察に連行される!

低脳バ韓国塵に相応しい低脳文字


あるアメリカ人女性が、屑チョンの留学生に向かって、

「バ韓国語は耳障り。あなたたちの言葉はむかつく」

と発言していました。

それが人種差別だとして問題になっているようです。



これのどこが人種差別なのでしょう?


バ韓国語が耳触りに思えるのは、人類なら当然のことでしょう。

屑チョンを目にしてムカつかない人間は存在しないはずです。


それに、そもそも屑チョンはヒトではないので、

人種差別に該当するワケがありません。



だからこそ、


「私は人種差別とバ韓国塵が大嫌いだ!」


という文章は何の矛盾も含んでいないのです。


もっとこの常識を広めていきたいものですなぁ。



-----------------------
「韓国語はムカつく」米国で白人女性が韓国人留学生に人種差別発言

 2017年12月15日、米カリフォルニア州にあるスターバックスの店舗で、白人女性が韓国人留学生に向かって「韓国語は耳障り。あなたたちの言葉はむかつく」など人種差別的発言をしたとの情報がフェイスブックにアップされ、ネットユーザーの間で物議を醸している。 

 韓国メディアによると、カリフォルニア州ウォールナットクリークにあるスターバックスの店舗でこのほど、1人でパソコン作業をしていた中年の白人女性が、店内で韓国語を話していた韓国人学生2人に突然暴言を吐いた。女性は「ここは米国。英語以外は使わないで。私は韓国語が嫌い」などと述べたという。 

 女性は店員の通報を受けて駆けつけた警察官により連行された。 

 その後、韓国人学生らは当時の様子を映した映像をフェイスブックにアップ。50万回以上再生されるなど大きな反響を呼んでいる。米国に住む韓国人ネットユーザーらからは「度を超えた人種憎悪発言」として非難の声が相次いでいるという。

http://www.recordchina.co.jp/b231686-s2-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ







Posted in 未分類 |

中国人「日本のテレビ番組は中国人ゲストを番組に呼び込み中国を中傷させけど、そいつらは中国人代表じゃない」

171215-1-001.jpg

日本のテレビ番組は中国人ゲストを番組に呼び込み中国を中傷させけど、そいつらは中国人代表じゃない

最近、東京のあるテレビ局が中国を中傷する番組を放送した。

番組では、50人ほどの中国人がゲスト出演した。その50人は、始終自虐していました。



Posted in 未分類 |

【韓国発狂】平昌五輪チケットが売れず朝日新聞が涙目で宣伝www 必 死 だ な www バカ丸出しの展開キタ━━━━(°∀°)━━━━!!!www

【韓国発狂】平昌五輪チケットが売れず朝日新聞が涙目で宣伝www 必 死 だ な www バカ丸出しの展開キタ━━━━(°∀°)━━━━!!!www



posted by



1 :荒波φ ★:2017/12/14(木) 11:27:47.95 ID:CAP_USER*.net
不人気?平昌五輪、頭痛める韓国 スターが自腹で入場券
2017年12月14日11時13分

韓国内外で人気がなかなか高まらない平昌冬季五輪に、韓国政府が頭を痛めている。政府は聖火リレーや記念行事に文在寅(ムンジェイン)大統領や韓流スター、軍艦、ロボットまで動員。来年2月9日の開幕が迫る大会の雰囲気盛り上げに必死になっている。

大会組織委員会によれば、入場券販売はようやく半数を上回った程度。競技が開かれる江原道江陵(カンウォンドカンヌン)市(スケート競技)、平昌郡(スキー競技)の宿泊予約率は3割に満たない。

もっと注目を集めるため、力を入れているのが11月1日から始まった聖火リレー。12月11日、国立韓国科学技術院(KAIST)が開発したロボット「FX―2」が登場。キャンパスがある中部・大田市でリレーに参加した。

11月14日にはソマリア沖の海賊対策に投入した韓国海軍駆逐艦「文武大王(ムンムテワン)」が聖火を載せ、南部の統営(トンヨン)港から鎮海(チネ)軍港まで運んだ。今後も芸能人や韓国駐在大使らが参加し、内外に大会をアピールする。

江原道庁は8日、韓流スターのチャン・グンソクが自腹で2018枚の入場券を購入し、海外のファン2018人を招待すると発表した。チャン・グンソクは五輪と観光の広報大使も務め、聖火リレーにも参加する。日本などに数多くのファンを持つチャンの知名度にあやかりたい計算だ。

また韓国政府は、大会を盛り上げるコンテンツの提案などにかかわった市民約1万3千人を対象に、文大統領との食事会を企画。15日に招待客20人を発表する。招待客には大統領の記念時計もプレゼントするという。支持率7割の大統領人気にも頼った。

朝日新聞


http://www.asahi.com/articles/ASKDF52L9KDFUHBI01J.html




「人気がなかなか高まらない平昌冬季五輪に、韓国政府が頭を痛めている」
「聖火リレーや記念行事に文在寅大統領や韓流スター、軍艦、ロボットまで動員」
「2月9日の開幕が迫る大会の雰囲気盛り上げに必死」
「韓流スターのチャン・グンソクが自腹で2018枚の入場券を購入し、海外のファン2018人を招待」
「日本などに数多くのファンを持つチャンの知名度にあやかりたい」
⇒続きはこちら
Posted in 未分類 |

The GOP’s Corporate Tax Cut May Not Be As Big As It Looks

That was embarrassing.

Gary Cohn, director of the National Economic Council and one of the “Big Six” Republicans behind President Trump’s tax rewrite, was on stage at The Wall Street Journal’s annual gathering of business executives in Washington last month defending the plan.

He looked happy to be there. Both the House and the Senate were working on bills that resembled the Big Six’s outline, including the group’s call for a big cut in the corporate tax rate. The host from the Journal asked the audience for a show of hands: Who would use the tax windfall to invest more in their companies?

Cohn might have thought the question rhetorical. Only a few days before, during a television appearance, he had said, “We believe that we’re going to have a very stimulative effect on the economy by lowering the business tax rate, by lowering the corporate rate, and making America competitive with the rest of the world.” Except the response from the impromptu focus group at the Journal event was muted; only a smattering of the assembly’s members indicated they would use the proceeds from a tax cut in a way that would produce a stimulative effect.

“Why aren’t the other hands up?” Cohn asked.

Here’s one answer: Cohn and others in the Trump administration might have oversold the potential benefits of their tax plan. One big reason that the legislation won’t supercharge the economy is that the tax cut isn’t as big as it looks on paper.

Under the latest version of the bill — a compromise worked out between negotiators from the House and Senate — the federal corporate rate would reportedly drop from 35 percent to 21 percent, according to the Washington Post and several other news outlets. (When state levies are included, the U.S. statutory corporate tax rate averages to 39 percent, the highest in the Group of 20.) But thanks to a bevy of deductions, few American corporations actually pay 39 or even 35 percent. Estimates vary, but Kent Smetters, the Wharton School professor who runs the Penn Wharton Budget Model, said in an interview that he reckons the average effective rate that U.S. corporations pay is around 22 percent. That could explain the lack of enthusiasm that Cohn saw at the Journal event.

And how much a corporation’s effective tax rate strays from the 39 percent mark varies tremendously by industry. The average rate paid by money-making, publicly traded companies at the start of the year was about 26 percent, according to calculations by Aswath Damodaran, a finance professor at New York University’s Stern business school. Most of the rates ranged from about 7 percent for software companies to just under 39 percent for the retail sector.1

Therefore, the change in the statutory rate is a crude way to estimate how companies would respond to the proposed tax law: Some industries would see a sizable windfall, others a small gain, and some companies would see no gains at all.

Another complicating factor is that companies that pay the corporate rate account for only about half of total business income. The rest is generated by “pass-through companies,” which tend to be smaller businesses where the owner or owners are taxed at personal rates.

The variation in the tax rates companies actually pay is a testament to lobbyists, who for decades have successfully coaxed and cajoled politicians to create various industry-specific loopholes in the tax code. The House and Senate bills both proposed ending some of these breaks, a trade for a lower corporate rate and potentially less paperwork to fill out. The Senate legislation, for example, would reduce the total amount of interest payments that companies could deduct.

One provision of the tax bill that will likely irritate anyone harmed by the financial crisis: The five biggest banks would have saved more than $11 billion in 2016 if they paid an effective tax rate of 20 percent, which was the rate originally proposed in the bills passed by the House and Senate. That was significantly more than any other group of publicly traded companies would have saved, according to an analysis by S&P Global Market Intelligence.

And it turns out that the banks are an excellent example of why there’s so much skepticism about the Republican tax plan. American corporations have been piling up profits in recent years, yet labor’s share of corporate income has been on a steady decline. There is academic support for the view that reducing corporate taxes could trigger job and wage growth. But in the real world, it seems unlikely that banks would use their tax cut to go on a hiring spree, as they have reduced their headcounts over the past decade. They might instead choose to take those billions and do more lending. Or they might give most of it back to their investors.

Bank of America chief executive officer Brian Moynihan, for one, noted in his letter to shareholders this year that the company had raised its minimum wage to $15 an hour. But his priority clearly was to use profits to repurchase the shares the company issued when it needed money to survive the financial crisis. “We need to continue to reduce the number of shares outstanding,” Moynihan said. “This is essential if we want our stock price to exceed the record highs we have achieved.”

Of course, banks are just one industry, and it’s impossible to use one type of company to estimate hiring practices across all U.S. industries. That said, banks are a good starting point, as they make up a large proportion of the U.S. economy; calculations at Politifact suggest that the value of the assets held by some of the country’s largest banks is equivalent to 60 percent of U.S. gross domestic product. Banks are also a good example because Trump’s policies have been expected to be favorable to them — if the benefits are going to help any industry, it ought to help this one.

Indeed, Republicans are struggling to convince those outside the party that the GOP hasn’t succumbed to magical thinking about the power of tax cuts. Only a quarter of respondents to a Quinnipiac University poll released last month said they supported the plan, while 52 percent said they opposed it. “Worst poll numbers for a tax cut I’ve ever seen,” tweeted Bruce Bartlett, an economist who advised former presidents Ronald Reagan and George H.W. Bush.

Advocates such as Cohn say individuals will benefit when corporations come back to the United States once the corporate tax rate is more in line with that of the rest of the developed world. “I would like to get the tax rate as low as possible so that businesses want to create jobs here,” he told the Financial Times in August. But even the tax cuts in the GOP bill may do little to help achieve that, as the companies that left are probably already paying rates of around 20 percent.

According to an analysis by the Congressional Budget Office using for data for 2012, the median of the average corporate rate paid in 17 big economies was 20.4 percent. Burger King is an example. In 2014, Burger King’s owners bought Tim Hortons, the Canadian coffee-and-donut chain, and relocated the headquarters for the iconic American brand to Ontario. Restaurant Brands International, the parent company formed when the two brands merged, pays an effective tax rate in Canada of about 20 percent.

Assuming the economy grows after the Republican tax plan becomes law, it will be unclear how much of that growth is the result of lower taxes — and how much is the result of economic momentum that gathered pace at the end of Barack Obama’s presidency. Lately, blue-collar wages have been rising, and strong overall economic growth has dropped the unemployment rate to its lowest point since 2000. “Labor markets determine salaries, not tax rates,” wrote David Mendels, former chief executive of the software company Brightcove, in a post on LinkedIn.

Even some people who support lower taxes still question whether the Republican plan will have stimulative benefits at this point in the economic cycle. Alan Greenspan, former chairman of the Federal Reserve, likes the idea of dropping the corporate rate to 20 percent but doubts that the economy will get much of a pop from it. “Don’t look to that as a major factor in expanding the economy,” Greenspan said in an interview on Fox Business Network last month. “It just brings us back to neutral as far as our relative competitiveness around the world is concerned.”

Posted in 未分類 |

【韓国発狂】中国を訪問した韓国人記者がボッコボコに殴られるwww  「属国へのしつけアル」「アイゴー」 www

【韓国発狂】中国を訪問した韓国人記者がボッコボコに殴られるwww  「属国へのしつけアル」「アイゴー」 www



posted by



1 :荒波φ ★:2017/12/14(木) 16:22:17.79 ID:CAP_USER*.net
文大統領取材中だった韓国記者、中国側警護員に暴行される…韓国外交部「遺憾表明」
2017年12月14日16時08分

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の中国訪問の日程を取材していた韓国側カメラマンを中国側警護員が暴行した事件が発生したことを受け、外交部が中国政府に徹底した調査と対応措置を取ることを求めたと明らかにした。

外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は14日、定例記者会見で「政府は本日、韓国側記者が取材の過程で負傷した不祥事が発生したことに対して非常に遺憾に思う。現場ですぐに救急措置が行われ、政府は中国政府に直ちに遺憾の意を示し、事件の真相に対する徹底した調査と必要な対応措置を取ることを強く求めたと話した。

魯報道官は韓国側の遺憾表明と要求に対して中国側がどのような反応を見せたのかに対しては「現場ともう少し確認をした後に説明する」と話した。

また、外交部レベルで駐韓中国大使の招致やこれを含む強力な措置を検討しているかとの質問に対しては、「政府は中国政府に直ちに遺憾の意を伝えている。事件の真相に対する徹底した調査と必要な対応措置を取ることを強力に求めた」として用心深い立場を見せた。

ただし、暴行事件に加担した中国側警護員が私設警護員なのか、中国北京市所属の公安なのかは確認されていない。外交部側でも「暴行の主体が公安でなく、別途の警護隊なのか確認する」と明らかにした。

13日から3泊4日の日程で中国を国賓訪問している文大統領は14日午前、韓中経済貿易パートナーシップ開幕式に参加した。これを取材していた韓国側カメラマンを中国側警護員が暴行し、一部の記者が顔などを大きくけがして現場で救急措置を受けた後、治療を受けていることが分かった。

中央日報日本語版


http://japanese.joins.com/article/549/236549.html?servcode=A00&sectcode=A30
韓国の写真記者が14日午前、北京国家会議中心Bホールで開かれた「韓中経済・貿易パートナーシップ開幕式」からスタートアップ館に移動中だった文在寅大統領を取材していたところ、中国側警護員に一方的に暴行されて顔がひどく腫れている。(写真=青瓦台写真記者団)
http://japanese.joins.com/upload/images/2017/12/20171214163433-1.jpg
https://i.imgur.com/SyyKoWu.jpg


「文在寅大統領の中国訪問の日程を取材していた韓国側カメラマンを中国側警護員が暴行した事件が発生」
「一部の記者が顔などを大きくけがして現場で救急措置」
「政府は中国政府に直ちに遺憾の意を示し、事件の真相に対する徹底した調査と必要な対応措置を取ることを強く求めた」
⇒続きはこちら
Posted in 未分類 |

韓国野党、文大統領の訪中を批判…「朝貢外交」「外交惨事」

韓国党・国民の党・正しい政党・正義党など野党は15日、韓中国首脳会談の結果と中国警護員の記者暴行事件をめぐって「外交惨事」「朝貢外交」と非難した。 日本を訪問している洪準杓(ホン・ジュンピョ)自由韓国党代表はこの日、日本駐在韓国特派員との記者懇談会で「(文大統領の中国訪問は)皇帝就任式に朝貢外交をしに行ったこと以上でも以下でもない」とし「中国首脳は国賓を招請しては北京を空けたし、両国は共同発表文も出せなかった。国の品格が傷ついた」と話した。洪代表は「韓国が中国に約束した3不政策(THAAD追加配備不可・米国ミサイル防衛体系不参加・韓米日軍事同盟不可)は軍事主権をあきらめたもの」ともした。

安哲秀(アン・チョルス)国民の党代表は韓国記者2人が中国警護員に暴行された事件に関連して最高委員会議で「大韓民国の外交の顔があげられない。随行する記者たちも守れない外交はいったい何の外交なのか尋ねたい」とし「記者でなく国民の自尊心が踏みにじられた。〔康京和(カン・ギョンファ)〕外交長官と〔盧英敏(ノ・ヨンミン)〕駐中大使は直ちに更迭しなければならない」と声を高めた。どうか踏みにじられた我々の自尊心を少しでも探してくるように願う」とした。

国民の党の金東喆(キム・ドンチョル)院内代表も「韓中国首脳会談は空港到着から訪中日程全体が屈辱の連続だった」とし「THAAD封印も、対北朝鮮制裁の要求も、経済報復の再発防止も失敗した」と酷評した。同時に「成果はなくて恥だけ残した今回の歴訪と首脳会談は韓国外交史に恥辱に残る最悪の首脳会談で、一言でいうと外交惨事で、国の品格も主権国家の自尊心も捨てて首脳会談一つだけに執着した屈辱外交」と批判した。

Posted in 未分類 |

韓国人の訪日客が増加中! だが「中国人」を騙る韓国人もいるらしい!

近年、日本を訪れる外国人は増加傾向にある。なかでも中国や韓国をはじめとするアジアからは非常に多くの観光客が訪日している。「爆買い」という言葉が誕生したくらい中国人旅行客による購買意欲は凄まじいものがあり、各商業施設では中国人客を取り込むために様々な優待を用意している。

中国メディアの今日頭条は12日、日本を訪れる韓国人のなかにはなぜか、「自分は中国人だ」と偽る人がいるらしいと伝え、その理由について考察している。

記事はまず、2017年11月4日の時点で日本を訪れた外国人の総数は、2016年の2404万人を超えていて、過去最高を記録することが確実になったと紹介。そして、2017年1月-9月に日本を訪れた外国人のうち、国籍別で一番多かったのは556万人の中国人で、前年同期比11%増だったと紹介したほか、2番目は522万人の韓国人だったが、伸び幅は中国人を大きく上回る同40.3%増だったと紹介した。

続けて、日本を訪れる韓国人が大幅に増加している背後には「韓国で祝日が多かった」ことを指摘した。近年、日本を訪れる中国人旅行客の消費が「モノ消費」から「コト消費」へと変化しつつあり、「爆買い」も収束しつつあるという分析があるが、それでも中国人の消費額は今なお大きく、一部の商業施設では中国人専用コーナーが設けられるなどして、中国人であるからこそ受けられる特別待遇があることを紹介した。

Posted in 未分類 |

韓国野党代表が安倍首相に自国政権の欠点を告げ口?

2017年12月14日、来日している韓国の最大野党・自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表が安倍晋三首相と面会したが、この時の洪氏の発言が韓国で波紋を呼んでいる。韓国・世界日報などが報じた。 洪氏は14日午後、総理官邸で安倍首相と非公開でおよそ30分間面談した。日本の首相が韓国の野党代表と面会したのは、2006年の朴槿恵(パク・クネ)ハンナラ党代表と小泉純一郎首相(いずれも当時)の面会以来初めてだ。

面会後、洪氏が明らかにしたところによると、洪氏は自身が訪日した理由について「韓国政府が北朝鮮問題にきちんと対処できずにいるため」と安倍氏に説明したという。「韓国政府が北の核問題の対処をきちんとしていたら、第1野党の代表団が米国に行くこともないし、日本にも来なかっただろう」と話し、安倍首相の面前で自国の文在寅(ムン・ジェイン)政権を批判したというのだ。また面会の成果について、「安倍政権は北朝鮮の問題に関し、自由韓国党と同一の認識を持っているという点を確認した」とも語った。

このほか、洪氏は面談で在日コリアンに対する「ヘイトスピーチ」の問題を取り上げ、処罰条項の新設など日本政府の積極的な対応を安倍首相に求めたという。一方の安倍首相は、慰安婦問題や強制徴用労働者を象徴する像の設置問題について韓国側によく話を伝えてほしいと求めたが、洪氏は「北朝鮮の核問題が薄れかねないためその問題については答えない」と述べ回答を避けたと、自由韓国党の報道官が明かした。
http://www.recordchina.co.jp/

Posted in 未分類 |

日本ハム「大谷翔平選手の移籍金で22億8千万円の特別利益が発生しました」



A00


2017/12/15 15:20 日本ハム 連結子会社における特別利益の発生に関するお知らせ
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120171204430028.pdf
140120171204430028-001




2012/1/19 9:00 日本ハム 連結子会社における特別利益の発生に関するお知らせ
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120120119067040.pdf
140120120119067040





a04

日本ハム 日足

Posted in 未分類 |

【韓国崩壊】韓国政府野党、なんと中国より日米が重要と発言!!!! 誰も呼んでいないのに日本を訪問!!!! 馬鹿か!!!! 政府内の意見ですらまともに統一できない馬鹿民族!!!! 属国である立場も弁えずに生意気な態度!!!! 2ch「中国でも同じ事を言えるのか」「韓国の外交は終わっている」「身内で争わせて自滅させよう」

【韓国崩壊】韓国政府野党、なんと中国より日米が重要と発言!!!! 誰も呼んでいないのに日本を訪問!!!! 馬鹿か!!!! 政府内の意見ですらまともに統一できない馬鹿民族!!!! 属国である立場も弁えずに生意気な態度!!!! 2ch「中国でも同じ事を言えるのか」「韓国の外交は終わっている」「身内で争わせて自滅させよう」



posted by



【韓国】韓国最大野党代表が訪日「我々は中国より米日が重要」

1 :動物園φ ★:2017/12/14(木) 09:18:37.26 ID:CAP_USER*.net
記事入力 : 2017/12/14 09:01

韓国の最大野党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表が13日、2泊3日の予定で日本を訪問するため出国した。

洪準杓代表は同日の出国前、仁川国際空港で記者懇談会を行い、「韓国・米国・日本の『自由主義核同盟』こそ北朝鮮の核に対処する唯一の手段だ。日本の高官らと会って、北朝鮮の核問題解決のための対策を模索する」と語った。

洪準杓代表の訪日日程は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の中国への国賓訪問(13-16日)と重なる。これについて洪準杓代表は「中国は一度も北朝鮮の核の抑制において自らの役割を果たしていない。我々にとって重要なのは米国と日本であって、中国ではないと考えていると述べた。


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/14/2017121400806.html



最大野党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表が13日、2泊3日の予定で日本を訪問するため出国した
我々にとって重要なのは米国と日本であって、中国ではないと考えている




3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2017/12/14(木) 09:19:30.02 ID:s+joI0DU.net
中国でも同じこと言える?


4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2017/12/14(木) 09:19:56.03 ID:S19lQA+O.net
二枚舌の人は来なくて良い
⇒続きはこちら
Posted in 未分類 |